「1000円ETF」を使って始めるお得な積立投資とは?

写真拡大

 株を買うにはある程度まとまった資金が必要だ。しかし、少額でも毎月の積立投資ならすぐに始められる。いままで「積立投資」といえば投資信託がメインだったが、最近では株式市場で取引できるETF(上場投資信託)を使い1000円からでも積立ができるようになった。今回は積立投資のメリットと、新商品を使った積立投資の方法を紹介しよう。

 投資信託(ファンド)の積立は、多くの金融機関がサービスを提供しており、便利な点が多い【図表1】。

 たとえば、SBI証券やカブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券などは月々500円、または1000円から積立が可能となっている。

 SBI証券で現在人気が高く、積立もできる投資信託が【図表2】。日経平均やTOPIXに連動するインデックス型投信が買われているようだ。

 日経平均に連動する商品という意味では、ETF(上場投資信託)もある。ETFには投資信託と比較しても優れている点が多い【図表1】が、これまでETFはある理由から積立にはほとんど使われてこなかった。その理由は後述する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)