JR東海、全N700系改造に230億投入。改造後車両は「A」を追加した新ロゴに変更

写真拡大

JR東海が、2015年までに全N700系新幹線(80編成)への導入を決定している、N700Aの機能を反映させる改造の進捗と計画を発表した。

総予算は230億円で、改造は浜松工場で実施。2013年に32編成、2014年に37編成、2015年に11編成が予定されている。

【関連:JR東海、東海道新幹線N700Aを来年から3年間で18編成追加投入】
 
なお、改造されたN700系には現行ロゴの末に「A」という文字を追加した新ロゴが貼り付けられる。ただし、呼び方は「N700系」で変更はなし。

今回の改造でN700系に実装される機能は以下のとおり。

―安全性
中央締結ブレーキディスク
地震ブレーキ

―安定性
定速走行装置

―快適性
車体傾斜区間増(乗り心地向上)

―省エネ
消費電力量削減(対700系△19%)