66歳のジャンボ尾崎が輝いている(撮影:上山敬太)

写真拡大

<つるやオープン 初日◇25日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,793ヤード・パー71)>
 ツアー通算94勝の66歳がまた新たな歴史に名前を刻んだ。国内男子ツアー「つるやオープン」の初日。尾崎将司が1イーグル・9バーディ・2ボギーの“62”を叩き出し、男子レギュラーツアーでは史上初となるエージシュートを達成した。この日の9アンダーは今大会レコードタイで2位に3打差をつける単独首位。強いジャンボのゴルフで若手プロを圧倒した。
尾崎将司のプロフィール
 松山英樹、藤本佳則らがちょうど競技を終えた12時過ぎ。1番からスタートした尾崎は、3番でバーディを先行させると、5番から怒涛の4連続バーディを奪取。ハーフターンする頃には、偉業達成の予感に会場がにわかにざわめきだす。後半も勢いは衰えず10番、12番とバーディ。14番は3パットのボギーとしたものの、15番パー5ではセカンドでグリーン右カラーまで運びバーディを奪い返した。
 そして、圧巻はここから。足を引きずりながらも、16番パー3ではピン奥4メートルを沈めてパターを高々と掲げると、その勢いのまま17番パー5ではピン奥7メートルに2オンに成功。これを完璧なストロークで沈めると、バンザイのあとに往年の“刀を鞘に納めるポーズ”からの“コブラ”も炸裂。最終18番はボギーとしたものの年齢を4打も下回る圧巻の“62”。最後までついて回った約200名のギャラリーから惜しみない拍手が贈られた。
 爆発の予感はあった。今季は昨年までよりシャフトを1インチ伸ばしたドライバーを使用しているが「手打ちが少なくなってタイミングが取れてきた」と初戦から好感触を得た。「ティショットでアドバンテージをとれてくると、セカンドのクラブも短くなるし、グリーンを外すこともなくなる。そうなればあとはパット次第」。その言葉通り会心のティショットからバーディチャンスを量産すると、今大会からやや長めのピンタイプにチェンジしたパターが冴えて、バーディにつなげて見せた。
 近年は持病の坐骨神経痛に苦しめられ、昨年の予選通過はゼロ。それでも、今年は体のケア方法もゴムチューブなどを使用して柔軟性を上げるトレーニングにシフトして、入念な調整を続けてきた。この日何度も繰り返した右手一本での素振りも、右肩の筋力と柔軟性を高める取り組みの一つ。ミリ単位のクラブ調整、繊細なトレーニングなど、66歳にしてたゆまぬ努力を続けてきたすべてが偉業達成の原動力となった。
 史上初の快挙に関しては「エージシュートなんか目指してゴルフをしているわけじゃないっつうの」とつれなかったが、“62”というスコアには尾崎自身も文句のつけようがない。「今日は良すぎたけど、いいゴルフをすれば5アンダー、6アンダーくらい出てくれないとレギュラーツアーでは戦っていけない」と、シニアではなくレギュラーツアーにこだわる尾崎らしい言葉で前を向いた。
 「だから、今年は話題を提供するって言っただろ!」。衰えを知らない第一人者がシーズン序盤で高らかに復活を宣言した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
57歳・室田、最年長優勝ねらえる好位置も「ジャンボさんが持ってるべき」
松山英樹、今日もOB3発…攻略の鍵はティショット
各ツアー情報も更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング