東京都銀座に、厳選した米などがそろった「AKOMEYA」誕生。日本酒バーも

写真拡大

サザビーリーグは4月24日に、“お米”に焦点をあてたライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO」を東京都銀座にオープンした。

同店では、全国各地から厳選した米を中心に、こだわりの調味料や食卓を彩るごはんのお供を販売する。また、食品だけではなく、匠(たくみ)の道具や工業製品など、和洋、新旧をおりまぜたよりすぐりの商品を約6,000点取り扱う。

米は数々の受賞歴を持つ山形黒澤ファームの「つや姫」や「夢ごこち」など、厳選された玄米やブレンド米など約18種類を、店頭で精米して販売する。また、KIHACHIの熊谷喜八シェフが厳選したおすすめ食材も取り扱う。

他にも、虫がつきにくく通気性のいい日光桧(ひのき)で作った米びつや枡(ます)、重い米の持ち運びに便利な帆布素材のバッグなども販売する。更に「ほぼ日刊イトイ新聞」とともに、“ほぼ日の食”をテーマにした売り場も展開。ほぼ日サイトのみで販売している商品なども購入できる。

イートインコーナーも設けており、「AKOMEYA厨房」では店内で販売する食品や調味料、道具を使用した様々な料理を提案。また、立ち飲みの日本酒バー「AKOMEYA BAR」では、全国バーテンダー技能競技大会で総合優勝歴をもつバーテンダーが日本酒の新しい楽しみ方を提案している。

営業時間は11時〜21時。AKOMEYA 厨房は11時30分〜22時。 AKOMEYA BARは、17時〜22時。