東野圭吾原作作品の映画化! 『さまよう刃』クランクアップ

写真拡大 (全3枚)

【25日=KEJオンラインニュース】韓国最高の演技派俳優チョン・ジェヨンとイ・ソンミン主演による映画『さまよう刃』が3月末にクランクアップを迎えた。

一夜にして大切な娘を失い、自ら罰を下そうと犯人を捜し回る父親と、それを止めようとする担当刑事が彼の後を追いかけながら繰り広げられる追跡を描いた重厚なドラマ。緻密な構成と大胆な創造力が引き立つ本作は、日本の代表的な作家 東野圭吾の同名小説が原作で、日本でも映像化されている人気の作品。彼の小説の映画化は、『白夜行(原作:百夜行)』(09)、『容疑者X 天才数学者のアリバイ(原作:容疑者Xの献身)』(12)につづき3作目となる。

韓国映画界が認める演技派俳優チョン・ジェヨンが、たった1人の娘を失い必死に犯人を捜し求める父親サンヒョン役を、ドラマ『ゴールデンタイム』(12/MBC)で圧倒的存在感を放ち国民的人気を得ている俳優のイ・サンミンが、サンヒョンの悲しみを理解するも彼を止めなければならない刑事オクグァン役を演じ、熱い演技アンサンブルを披露する予定だ。ここに、10年の映画『ベストセラー』でその興行力とともに演出力も認められたイ・ジョンホ監督がメガホンを取り、原作に劣らない重みのあるストーリーを生み出していく。

最も寒波の酷かった昨年12月中旬にクランクインした『さまよう刃』。やっと春の訪れを感じられるようになった3月28日に行われた最後の撮影では、自身の撮影分は終了しているにもかかわらず主演俳優のチョン・ジェヨンとイ・ソンミンが全シーンの撮影が終了するまで現場に残り、共演俳優やスタッフたちを励ます姿が見られ、撮影現場を和やかな雰囲気にしたという。

最高の演技派俳優チョン・ジェヨンとイ・ソンミンの熱い演技共演とともに、日本を代表するミステリーの巨匠 東野圭吾原作作品の映画化として期待を集める『さまよう刃』。下半期の公開を控えている本作は、重厚かつ先が気になるストーリー展開で、観客をどんどん作品へと引き込んでいくことが期待される。(写真提供=?エコフィルム/CJ ENTERTAINMENT)