俳優のアレックス・ペティファー (c)Hollywood News

写真拡大

23歳の俳優のアレックス・ペティファーが、人気ベストセラー官能小説「Fifty Shades of Grey」の映画版のためにテスト撮影を行ったという。

E・L・ジェームズが2011年に発表した同小説は、「マミー・ポーン(主婦向けのポルノ)」と言われるほど主婦や女性の間で人気となった。この小説は3部作で、処女で大学生のアナスタシアが、大富豪の男性クリスチャン・グレイと出会い、どんどん過激でエロティックな世界へと入り込んでいくというストーリーだ。

そして、アレックスは映画『ミルク』(08)のガス・ヴァン・サント監督と共にセックスシーンのテスト撮影を行ったとエンターテインメント情報サイト「ザ・ラップ」紙は伝えている。そのシーンを一緒に撮影した女優の詳細は明らかになっていない。

クリスチャン・グレイ役には俳優のマット・ボマーやイアン・サマーホルダーなどさまざまな俳優が演じるのではないかと噂されてきた。また、アナスタシア役にも女優のミラ・クニスやエマ・ワトソンなどの女優が噂されてきている。

小説が大人気だけに、誰が出演するかかなり注目されている同作。どうやらアレックスはクリスチャン・グレイ役を演じる可能性がかなり高いようだ。【馬場 かんな】