堂々の単独首位に ジャンボ尾崎(撮影:上山敬太)

写真拡大

<つるやオープン 初日◇25日◇山の原ゴルフクラブ山の原コース(6,793ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「つるやオープン」初日。66歳の尾崎将司が、この日9アンダー「62」でまわり、エージシュート達成で単独首位に立った。
尾崎将司のスイング
 前半から尾崎は、5バーディノーボギーとバーディを重ねる。後半もペースは落ちず、10、12番でバーディ、14番でボギーをたたくも、すぐさま15番でバーディを取り返した。続く16番も連続バーディ。極めつけは、17番パー5でセカンドをピン奥7メートルにつけ、それをねじ込みイーグルを奪った。最終18番はボギーにしたが、この日「62」でホールアウト、堂々のエージシュートを達成した。
 尾崎はホールアウト後に「先週もティショットが良かったから、アイアンのキレを磨けばいいスコアは出ると思っていた」とコメント。エージシュートについては「俺はエージシュートを目指してゴルフしているわけじゃない。勝つことが目的だから」と語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>