田んぼに立てられたポールを奪う「泥地フラッグス世界大会」開催-長野県

写真拡大

長野県上伊那郡辰野町で田んぼに立てられたポールを奪う「泥地フラッグス世界大会」が実施される。会場は「ほたる童謡公園」横の田んぼ。開催日時は5月4日(土)、9時10分から(受付は8時から)。

同イベントは、ビーチ・フラッグスの田んぼ版で、砂浜ではなく、田植え前の田んぼに立てたフラッグを奪い合う競技だ。俊敏さや脚力だけでは勝ち残るのは難しく、泥田が舞台であるため思い通りに前に進めない。そのため、「まるで人生のようだ」と語る参加者もいるという。

優勝者にはオリジナルブレンド米10kg、2位は5kg、3位は3kgをそれぞれプレゼント。また参加賞として参加者全員にお菓子と豚汁が用意される。

なお、毎年必ず「行方不明」になる靴があるため、競技に参加するに当たっては、履き物が脱げないよう配慮が必要とのこと。当日は選手用にタビの販売も予定されている。