子ども部屋の壁用DIY塗料発売 -色彩が子どもに与える影響を考慮

写真拡大

インターネット上でDIY用品の販売を行う大都はこのほど、子ども部屋向け塗料「HAPPYペイント KIDS」を発売した。

同商品は、色が持つ心理・生理作用を生かし、子どものパフォーマンスを成長させることを目指した塗料。安全性の高い樹脂EVAを使用しており、シックハウス症候群の原因のひとつといわれるVOC(揮発性有機化合物)を0.3%に抑えた、環境対応型水性ペイントとした。また一般社団法人日本塗料工業会より、最高ランクであるホルムアルデヒド拡散等級「F☆☆☆☆」に認定されているという。

現在ある壁紙の約75%を占める塩ビクロスに直接塗ることができ、目安として、2回の重ね塗り換算で約3〜4平方メートル、2色セットであれば合計約6〜8平方メートルほどの施工が可能で、約1〜2時間(1回塗り、気温20℃)で乾燥する。

カラーバリエーションとして、イエローとターコイズのツートンで想像力を高める効果を目指す「クリエイトカラー」、身体の色に近い2色を用い、優しい気持ちになる効果を目指す「思いやりカラー」、ブルー系のツートンで子どもの学習意欲と集中力を高める効果を目指す「スタディーカラー」、イエローとオレンジで子どもらしい無邪気さを与える効果を目指す「元気カラー」、ピンクとパープルのツートンで美的感性を高める効果を目指す「プリンセスカラー」の5タイプを各2色ずつで展開する。

販売は同社運営通販サイト「DIYツールドットコム」にて行う。価格は500ml×2色で3,500円。