日経平均株価はこの5か月で5割以上も上昇。長らく低迷してきた不動産も上昇気配が色濃くなっている。アベノミクスによって株価も地価も、いよいよ沸き立ってきたのだ。そうしたチャンスをものにした億万長者は一体、どんな人たちなのか。

 最も恩恵を受けたのは株式市場である。「武者修行中」というハンドルネームで活躍する個人投資家は、たった5か月の株式投資で6億円もの巨額の資産を手に入れた。まさに、アベノミクス・ドリームを体現する人物である。

 現在、東海地区在住で33歳の武者修行中氏は、早稲田大学を卒業後、半年ほどのサラリーマン生活を経て脱サラ。その後は資格の勉強などをしながら株式投資にのめり込んでいった。ちなみにバツイチ子持ちで、「育児をしながらトレードをするシングルファーザー・トレーダー」だ。

 そんな武者修行中氏の資産は昨年12月の時点では約1億円だった。それが、現在は7億円に達しているというのだ。武者修行中氏がいう。

「トレードは1〜2日で売買する短期スイング取引が中心。信用取引を使って元手の3倍程度の資金を動かしています。1月に1.4億円、2月に1.2億円、3月に1.8億円といった具合に増やし、4月はまだ半ばですが2億円のプラスになっています。今は、月収が1億円ぐらいのペースですね」

 買えば上がり、増やした元手でさらに買うという好循環を繰り返し、ライフスタイルも大きく変わったという。

「最近はやっと余裕が出てきたので平日は早朝から夕方までトレードした後、男友達と夜、飲みに出かけるようになりました。トレードで良い成績がでて奮発するときはシャンパンを開けることもあります。それでも数万円程度のものですよ」(同前)

 週末は前妻に子供を預けて、家賃12万円のセカンドハウスでリフレッシュする生活を送っている。何億円ものお金を動かすデイトレーダーの仕事は極度の緊張を強いられるので、週末のリラックスを大切にする。月に1億円以上を稼ぐようになってから、思い切ってその部屋のインテリアを一新したという。

「まずはクロコダイルの革張りのテーブルが100万円。それに80万円するフェラーリのシートを作っている会社のソファ。床に敷くラグは高級メーカーの特注品です。ラグのデザインは、アンディ・ウォーホルが描いたマリリン・モンローの絵をモチーフにしてオーダーメイドで120万円しました。ベッドルームの照明は50万円かけてスワロフスキーばかりで固めています。かなりの出費でしたが、リフレッシュと自分へのご褒美のために奮発しました」(同前)

 引っ越ししたら月収1か月分ぐらいの家具を新調するのが相場といわれる。月収1億円超の武者修行中氏なら、数百万円の家具新調でも、意外に堅実な使い方といってもいいぐらいかもしれない。

 今の目標は、「今年の夏、できれば6月までに10億円稼ぐ。そして、数千万円程度のタワーマンションを1部屋買う」ことだという。今は不動産が底値圏なので、居住目的と投資目的のどちらでも対応できるからだというから、これも手堅い選択である。

※週刊ポスト2013年5月3・10日号