SHERLOCk

写真拡大

今、話題沸騰中の英国ミステリードラマ『SHERLOCK シャーロック』シーズン2の字幕版が、いよいよ8月に日本で放送されることとなった。

【関連記事】【お先見!海外ドラマ日記】二つの現代版ホームズ、『SHERLOCK』と『Elementary』の違いと魅力について(あるいは、新大陸の民がいかにして大英帝国の大ヒットドラマを迎え撃ったか)

本作は"現代にシャーロック・ホームズが生きていたら"という視点で、原作に基づきつつ大胆にアレンジした英BBCの話題作。GPSやスマートフォンを駆使して犯人を追いかけ、ブログでその推理を披露する現代版シャーロック・ホームズは、舞台を現在に移しても、原作のエッセンスを忠実に、かつ多数取り入れていることから、ミステリーファンや、シャーロキアン(ホームズの熱狂的なファン)も大絶賛! さらに、英国アカデミー賞を受賞、アメリカでもゴールデン・グローブ賞、エミー賞にノミネートされるなど、世界の映像業界からも高く評価されている。

今回放送となるシーズン2では、原作でも特に人気の高い3作品(「ボヘミアの醜聞」「バスカヴィル家の犬」「最後の事件」)をそれぞれアレンジして扱っている。恋愛、恐怖、死と、シャーロックに様々な試練が襲い掛かることとなるだろう。さらに、第1話には、名探偵シャーロック・ホームズを出し抜いた唯一の女性、アイリーン・アドラーがついに登場! 美人で聡明、洗練されていて機略縦横なアドラーと、シャーロックの恋愛を匂わせる内容は、多くのファンを熱狂させ、英BBCで1070万人というシリーズ最高の視聴者数を叩き出している。

エキセントリックなシャーロック・ホームズを演じるのは、今、大注目の俳優ベネディクト・カンバーバッチ。近年、その活躍は目覚しく、2012年のアカデミー賞ノミネート作品『戦火の馬』や、今年8月公開の映画『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』にも出演。また、そんなホームズに振り回されながらも絶妙なコンビネーションを作り上げる相棒ジョン・ワトソンを演じるのは、映画『ホビット 思いがけない冒険』での好演が記憶に新しいマーティン・フリーマン。二人は本作の出演をきっかけに、英国だけでなく全世界で人気が急上昇している。

『SHERLOCK シャーロック』シーズン2の字幕版は、AXNミステリーにて今年8月日本初放送。また、これに先駆けてシーズン1の吹替版(二か国語)を、4月27日(土)10:00〜15:00、字幕版を5月6日(月)〜8日(水)22:00〜深夜0:00に集中放送される。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『シャーロック』箝口令!?  「新シリーズのネタばれはしないで」製作側がファンにお願い!
ゴールデンウィークは、AXNミステリーで古今東西の上質なミステリーを満喫!
マーティン・フリーマンの実生活のパートナー女優アマンダ・アビントンが、『シャーロック』S3で"重要キャラ"として出演!