熊本県、子宝子育て安産の”おっぱい神社”で「ゆのまえ潮おっぱい祭り」開催

写真拡大

熊本県の潮神社(球磨郡湯前町)で、神社の御利益「子宝・子育て・安産」にちなむ「ゆのまえ潮おっぱい祭り」が開催される。開催日時は4月29日(日)、9時45分〜16時まで。

同祭りは、通称「おっぱい神社」として知られる潮神社に、布などでかたどった乳房を産前産後に奉納・祈願すると、母乳の出がよくなるとの言い伝えにちなんで行われる。

当日は、「安産祈願式」を実施。そのほか、湯前中学校吹奏楽部による演奏や「ひょっとこ踊り」のほか、祭りのメインイベントとして、ほ乳ビンでミルクを飲む「おっぱい早飲み競争」が開催される。なお、上位3名には賞品が送られ、参加者には参加賞をプレゼントするとのこと。

そのほか、前回おなかの中で祈願式に参加した赤ちゃんも出場するという「赤ちゃんハイハイ競争」や、おっぱいを模した餅を投げ、拾うとご利益があるとされる「おっぱい餅投げ」など、様々なイベントが実施される。