ユニクロのステテコが渋谷TSUTAYA書籍売場をジャック 若者に浸透図る

写真拡大

 ユニクロが4月25日、SHIBUYA TSUTAYAの書籍売場6階に新リラクシングパンツ「ステテコ&リラコ」の提案空間「SUTETECO & RELACO "VIRTUAL TRAVEL"BOOKSTORE」を期間限定でオープンした。「3連休の新しい過ごし方」をコンセプトに、約150種の本と「ステテコ&リラコ」を組み合わせた10のプランを提案。若者の来店が多いSHIBUYA TSUTAYAに展開することで、ワンマイルウェアとしても進化した日本古来のボトムスを10代から20代に浸透させる。期間は5月8日まで。

ユニクロと渋谷ツタヤがコラボの画像を拡大

 ユニクロとSHIBUYA TSUTAYAは、今年のゴールデンウィークが日並びの悪さや円安の影響で「安・近・短」の傾向が高まると予想される点に着目し、「SUTETECO & RELACO "VIRTUAL TRAVEL"BOOKSTORE」を共同でオープン。トレンドを意識したフラワー柄の「リラコ」をファッション誌エリアで打ち出す「バーチャルショッッピングプラン」、アンディ・ウォーホルやキース・へリングのグラフィックな「ステテコ」をアート・絵本エリアに配した「カルチャー合宿プラン」など、ライフスタイルに合わせた休日の過ごし方を「ステテコ&リラコ」と本で提案する。売場では、本の購入者を対象の近隣のユニクロ店舗で使用できるトラベルクーポンを配布し、店舗間の連携を図る。なお、「ステテコ&リラコ」は展示のみで販売は行わない。

 ユニクロは2012年、「ステテコ」のバリエーションを2011年の9色柄から80色柄に大幅拡大して本格販売をスタートし、銀座店10階には「ステテコ BAR」と題した大型売場をオープン。また今年からは女性向けステテコ「リラコ」の販売を開始し、追加で商品を作るなど計画以上に売れているという。25日に同売場で開催された発表会に出席したユニクロ・グローバルコミュニケーション部リーダーの伊藤なつき氏は「ステテコ&リラコ」について「UTのようにカルチャーと結びつけ、楽しい気分で選んでもらえるように展開している。SHIBUYA TSUTAYAの取り組みではユニクロをメディアとして活用してもらい、新しいスタイルの提案を通じて双方の来店機会増加につなげたい」と話し、若者の取り込みを狙う。