アメリカン・アイドル

これまで圧倒的な視聴率を稼いできたオーディション番組『アメリカン・アイドル』。ところが今季の視聴率は下がっていくばかりという。

理由のひとつに挙げられているのが、今季審査員となったマライア・キャリー。誰もが認める世界的歌姫だが、審査員としてはインパクトに欠け、優し過ぎるとの批判が絶えない。米TV Guideによると、マライアはいつも候補者を褒める。やんわりと批判的なことを言ったとしても、「でもあなたを愛しているわ、ダーリン」と歌を歌っているかのように包括する。ためらいがちにコメントをすることも多く、審査員としては殻を打ち破る必要があると指摘されている。

そこで白羽の矢が立ったのが、シーズン10と11で審査員を務めたジェニファー・ロペス。ジェニファーはシーズン12への続投が求められていたが、惜しまれながら降板した。『アメアイ』を盛り上げただけでなく、審査員に就任して米ピープル誌の「最も美しい人」に選ばれるなど人気も再燃させたジェニファー。これ以上の視聴率低下を防ぐためにも戻ってきて欲しいということらしい。

すると、不快に思ったマライアの関係者らが牽制するように、米The Hollywood Reporterに訴えも辞さないとの意向を示したらしい。この話について、マライアの代理人はノーコメントだったといい、すかさず『アメアイ』側は、「マライアの代わりにジェニファーを審査員にするという話は、まったくの噂に過ぎない」とコメント。番組プロデューサーによると、フィナーレでパフォーマンスをしてもらう話ならしているだろうとのことだ。

番組放送中とはいえ、間もなくフィナーレを迎えることから、出来るだけ早く来季の体勢を整えたいということなのだろうか。不穏な動きが伝えられている一方で、番組はフィナーレに向けてギアアップを図っている。マライアはそれまでに"殻を打ち破る"のか。ジェニファーはパフォーマンスするのか。いずれも気になるところだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『アメアイ』、ジェニファー・ロペス降板決断の決め手&次期審査員候補とは?
10万人の頂点に立つアイドルがついに決定! 『アメリカン・アイドル』シーズン12 感動のフィナーレ!
『アメアイ』新審査員がついに全員決定!追加メンバーはニッキー・ミナージュとキース・アーバン