東急×京急、相互沿線の魅力を探る”おもてなし”付き「合同ウォーク」開催!

写真拡大

東京急行電鉄(以下:東急電鉄)と京浜急行電鉄(以下:京急電鉄)は5月18日と6月8日に、「東急×京急合同ウォーク」を開催する。

同イベントは東急電鉄、京急電鉄双方の駅をスタートとゴールにし、周辺を散策するウォーキングイベント。

5月は横浜市神奈川区の横浜市中央卸売市場や旧東海道の街並、商店街などを巡る「市場・商店街コース」を展開。スタートは神奈川新町駅前公園で、ゴールは東急電鉄の菊名駅。歩行距離は約9.6km、歩行時間約3時間のコースとなる。途中、横浜中央卸売市場で、”素敵なおもてなし”も受けられるという。

6月は多摩川遊歩道を散策しながら「東芝科学館」、「味の素KK川崎工場」を巡り川崎大師を目指す「多摩川沿いコース」。スタートは東急電鉄 多摩川駅で、ゴールは川崎大師。歩行距離は約12.2km、歩行時間は約3時間。東芝科学館、味の素KK川崎工場で素敵な”おもてなし”がある。

参加者には特典として、東急電鉄、京急電鉄オリジナルグッズをプレゼント。イベント参加は無料だが、事前応募が必要で、「市場・商店街コース」は4月30日まで、「多摩川沿いコース」は5月19日までに、両社が各駅で配布するチラシに印刷されている「参加申込みはがき」、又は郵便はがきで応募。参加定員は各日とも2,000名で、応募多数の場合は抽選となる。