安藤美冬さん

写真拡大

ブログやSNSなどのソーシャルメディアは、「インフラ」になりつつある。近い将来、電話やメールと同じく、使って当たり前のものになる。使うリスクより、使わないリスクのほうが大きい。達人たちはそう話した──。

「ツイッターがなければ、今の私はないでしょう」

2年前に大手出版社を辞め、現在は「コンテンツディレクター」などの肩書で複数の仕事をする安藤美冬さんはそう話す。

2年前、経済誌で特集が組まれると聞き、「自分を助けてくれるツールだ」と直観的に感じて、ツイッターを始め、2011年1月に独立を果たした。当初は時間を持てあましていたが、8月にITジャーナリストの佐々木俊尚さんから「いっさい営業活動せずにSNS経由で仕事を受注するフリーランスの女性」の1人として紹介され、注目が集まった。現在では取材や講演、PRなどの依頼が相次いでいる。

安藤さんは「100%戦略的にツイッターを始めた」という。

「毎月200人ずつフォロワーを増やすことが目標でした。フォロワーは読者で、自分は編集長。そう考えて、有益な情報発信を心がけました。キーワードは4つ。『ノマド』『フリーランス』『ソーシャルメディア』『セルフブランディング』。全員に届ける必要はない。誰に、どう見せるかが重要なんです」

ツイッターで「影響力のある個人」となるためには、まずは名前、プロフィール、アイコンの「3点セット」が重要だと、安藤さんは指摘する。名前は実名を公開すること。プロフィールは学歴や職歴、資格など客観的な事実を書くこと。そしてアイコンには顔写真や似顔絵など、一目で個性がわかるものを使う。食べ物やペットなど個性のない写真はNGだ。

安藤さんはツイッター以外にも、フェイスブック(FB)とブログも運用している。それぞれ、ツイッターは1日10〜20回、FBは2〜3日に1回、ブログは週に1回程度と、更新頻度を決めている。

「いまはFBの重要度が高まっています。仕事の依頼もFBを経由したものが多い。互いが知り合いの状態でつながるため、『名刺』のような位置づけになっています。ただし新規の出会いは起きづらい。その点でツイッターは『ばらまきチラシ』のようなもの。私のイメージだけでも広がってくれればと思います」

取材場所は東京・原宿にオープンしたばかりのシェアオフィスだった。安藤さんはツイッターでこの場所を知り、自宅兼事務所を移した。同居するのは個人の裁量で仕事をするデザイナーやクリエーターだという。

「誰もが実名を公開する必要はありません。目的に応じて主体的に選択することが重要です。でもこれからは個人の時代。実名利用を会社に咎められるリスクより、会社を前提にしたリスクのほうが気になります」

通販大手ニッセン取締役の脇田珠樹さんは「企業文化を変えたい」と、2009年11月にツイッターを始めた。2月6日現在のフォロワーは7万人超。個人としては異例の数だ。

入社は03年。当初は、総合商社での経験を活かして、経営企画やIRを担当していた。「今後のネット通販にはSNSの活用が不可欠」と考えていたところ、09年からマーケティング担当となった。

「ニッセンは創業42周年と歴史のある会社で、カタログ通販のイメージが強い。ネット通販の売り上げ構成比率は約54%に上っていますが、旧来の企業文化も根強い。ネット業界の若いベンチャーに負けないためにも、経営陣の1人としていい意味での暴走をしようと思ったんです」

まずは自分から制限いっぱいまでフォローをしていく。5割ぐらいのユーザーはフォローを返してくれるため、「フォロー返し」への謝意を伝える。そのうえで反応を見ながら、「ネタ」になるツイート(投稿)を心がける。たとえば季節を捉えた風景写真は転送されやすい。ただし投稿時にはあまりコメントを書かない。

「××さんと一緒です」といった第三者には関係のないコメントがあると、共有されづらくなるからだ。

この結果、1万人を超えたあたりからフォロワー数がフォロー数を逆転。各種のランキングにも載るようになり、フォロワーが「数が数を呼ぶようにして増えていった」という。

経験からわかったことがある。フォロワーの数は、影響力に直結しないという事実だ。米国企業が開発した「Klout(クラウト)スコア」という指標がある。ソーシャルメディアにおける影響力を100段階で示すもので、これを通販各社で比較すると、フォロワー約10万人の楽天が「59」で3位、33万人のスタートトゥデイと並び、3万人のニッセンが「60」で1位となる。15万人の良品計画は4位、16万人のユニクロは10位。なお7万人の脇田さんは「21」に留まる。(※雑誌掲載当時)

「人を巻き込むテクニックを磨くつもりで利用しました。商品への反応をみたり、人脈を広げたりといったことには役立ちません。いまでも続けているのは『肌感覚』を磨いておきたいから。パソコンの操作と同じように、SNSは社会インフラになっていくと思います。知らないのは、もったいないですよね」

■IBMの指針は「匿名活動を禁止」

IBMに勤務する永井孝尚さんはブログの達人だ。これまで自身のブログ記事を基に5冊の著書を上梓していて、近刊『100円のコーラを1000円で売る方法』は12万部のベストセラーになっている。

ネットとのつき合いは長い。1993年に職務との兼ね合いからパソコン通信を始め、95年には趣味の写真を紹介するホームページを立ち上げた。ブログは06年、ツイッターは09年から。最初から一貫して実名での情報発信を続けてきた。社内でもよく知られていたようだ。

「ネットをやっていたから、仕事が間に合わないというのは通じません。名前を出している以上、そこはすごく意識をしていました。ブログは帰宅してから執筆して、朝に投稿するようにしています」

ブログ「永井孝尚のMM21」には12年2月時点で1600件を超える記事がある。本を書くときには、ブログの記事から人気の高かったものを選び、全体のストーリーに沿って再構成していく。このため近刊はわずか6日間で書き下ろすことができた。

「ビジネスパーソンは仕事で学んだ知識をもっと発信すべきです。昔は出版ぐらいしか情報発信の方法がありませんでしたが、今はソーシャルメディアがある。情報発信は、新たな学びと成長を生みます」

会社員のSNS利用には、一定の制限を設ける企業が少なくない。一方、IBMは05年から「ソーシャル・コンピューティングのガイドライン」を定め、「身分を明かして活動しましょう」として匿名での活動を禁止している。最近、正体を隠して宣伝行為を行う「ステルスマーケティング」が問題視されているが、IBMのガイドラインはこれを見越した取り組みだ。永井さんはいう。

「ネット上で自分を大きく見せようとしたり、虚勢を張っても、必ず相手に見抜かれるし、自分が疲れるだけ。アクセス数やフォロワー数はあまり気にしないほうが楽しいですよ」

----------

安藤美冬
1980年生まれ。2004年慶應義塾大学卒業、集英社入社。広告宣伝などを手がけ、11年1月に独立。働く場所を問わない「ノマドワークスタイル」を実践しつつ、複数の肩書を用いて学校運営や執筆、講演活動を行う。

脇田珠樹
1972年生まれ。95年大阪府立大学卒業、ニチメン(現双日)入社。2002年サンダーバード国際経営大学院にてMBAを取得。GEを経て、03年ニッセン入社。06年ニッセンHD執行役員、08年ニッセン取締役。

永井孝尚
1962年生まれ。84年日本アイ・ビー・エム入社。ソフトウエアの製品開発マネジャーなどを経て、現在はシニアマーケティングマネジャー。『残業3時間を朝30分で片づける仕事術』など5冊の著書がある。

----------

(大山貴弘=文 遠藤素子=撮影)