ベテラン女優のジェーン・フォンダ (c)Hollywood News

写真拡大

アカデミー賞主演女優賞を2度受賞した75歳のベテラン女優であるジェーン・フォンダが現地時間27日、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターに手形と足形を刻むという栄光を残すことになった。

チャイニーズ・シアターの前にはコンクリートでできた有名なスターたちの手形や足形があり、ハリウッド通りにあるハリウッド・ウォーク・オブ・フェームと呼ばれる道には数千人以上のスターたちの名前が入った星形のプレートが埋め込まれているが、手形と足形を刻むのは星形のプレートを刻むよりも難しく、かなり名誉なことである。

ジェーンは俳優であった父ヘンリー・フォンダさんの手形と足形の隣に自身のものも残すことになった。彼女はAP通信に「私は本当に本当に興奮しているわ。私は自分が死んじゃって、これは叶わないと思っていたの。本当に興奮しているわ。それだけではなくて、父の隣に手形と足形を刻むことができるんだもの。本当に幸せよ。だぶん、泣いてしまうわ」とコメントしている。

ジェーンは手形と足形を刻むことができる喜びと同時に、父の隣に残すことができる幸せを感じているようだ。式典をたのしみにしているだろう。【馬場 かんな】