”揚げない揚げ物”を作るフィリップス調理家電で唐揚げや串カツを作ってみた

写真拡大

フィリップス エレクトロニクス ジャパンが4月下旬に発売する調理家電「フィリップス ノンフライヤー」(オープン価格・想定売価は2万9,800円)。油を使わずに揚げ物を作ることができるというもので、発売前から注目度が高い。今回は同製品を使って、実際に唐揚げや串カツ、フライドポテトをつくってその味わいを確かめてみた。

ノンフライヤーの製品特徴は既報の通りだが、「高速空気循環技術」で本体内に熱と空気を対流させることで油を一切使わずに揚げ物を作る点が特徴。食品の表面湿度を3%にまで下げ、サクサクとした食感に仕上げるのだという。

まず試したのがフライドポテト。冷凍のシューストリング(細長いタイプ。今回は揚げてから冷凍されている製品を使用)でフライドポテトを作ってみた。製品に同梱されているレシピブックを見ると、予熱したノンフライヤーのバスケット内にフライドポテトを入れ、200℃で6〜7分加熱する、となっている。出来上がったフライドポテトは素材自体が含む油をうまく引き出しており、油で揚げたような見た目になっている。実際試食してみても、揚げたものと同じような味わい。これはかなりイケる!

次は揚げ物の定番、唐揚げで試してみた。今回は簡単に味が決まるよう、鶏モモ肉に塩麹とおろしニンニクとおろし生姜をもみ込んで片栗粉をまぶすレシピで調理を進め、ノンフライヤーで加熱をしてみた(塩麹を使った唐揚げレシピは既報の通り)。

唐揚げは予熱後のノンフライヤーで180℃に設定し、その後12分〜13分加熱、とレシピブックにある。その通りバスケットの中に片栗粉をまぶした鶏肉を並べて本体にセット。13分後、バスケットをあけてみると……。ところどころ、片栗粉の白い部分が残ってはいるが、表面はカラッとした状態になっている。試食してみると、ジュワッと肉汁がほとばしり、鶏皮のカリカリ食感も楽しい。バスケット内には網がはられており、余分な油はその下に落ちる。とことんヘルシーな唐揚げをつくることができるのだ。

さて次は串カツ。パン粉をまぶしつける串カツも油で揚げたように仕上がるのだろうか。レシピブックには豚肉と長ネギ、レンコンの串カツレシピが収録されている。加熱時間は、豚ネギ串が予熱後200℃で12分〜13分。レンコン串は200℃で7分〜8分だ。他にシイタケ、タケノコ串も使ってみた。

各食材を適当な大きさに切って串にさし、バッター液を絡めてパン粉をまぶし付ける。これをバスケットに入れて加熱。シイタケは200℃で5分、タケノコは200℃で6分の加熱をしてみた。

できあがった串カツは……オーブン焼き、といった第一印象。今回は豚肉もヒレ肉を使ったので、やはり素材自体に油分が少ないとこういう仕上がりになるのか……と若干がっくりしていたのだが。

実際に食べてみると、サクサク感が想像以上! オーブンではここまでのサクサク感は出ないだろう。揚げ油を使わないことでカロリーカットが実現できると考えれば、この仕上がりは満足レベル。ただ、本体裏側にある吹き出し口からはパン粉のくずが飛び散っていたので、卓上ではなくキッチン内での使用のほうがいいと感じた。

そして最後につくってみたのがレシピブックにあった「ホットサラダ」。ニンジンやアスパラなどの各種野菜をノンフライヤーで加熱し、オリーブオイルと塩で調味したもの。今回はニンジン、アスパラガス、ピーマン、シイタケを使い、粒マスタードと塩で味付けをした。

レシピブックによると、カボチャやレンコン、ニンジンといった固い野菜は180℃で6分〜7分加熱し、アスパラガスを追加投入してさらに3分の加熱とあり、時間差でバスケット内に投入していくよう指示されている。それに沿って、まずはニンジンだけで加熱し、その後アスパラガスやピーマン、シイタケを入れて更に加熱した。

トータルの加熱時間は10分ほど。バスケット内を見るとほかほかの野菜たちが。これらの野菜に粒マスタードと塩で味付けをし、試食。当初、「表面が乾燥してしまうのでは? 」と心配していたが、野菜のみずみずしさは失われることなくニンジンもしっかりと中まで火が通り、ちょうどいい仕上がり。オーブンより短時間で火が通るので、時短クッキングにもつながる。

後片付けはバスケット部分の丸洗いが可能。油で揚げたときのように、油の飛び散りももちろんないので、片付けがとても簡単なのもうれしい。ノンフライヤー、これはかなり使い勝手のいい調理家電である。