長崎県に国内外の帆船が集合、「長崎帆船まつり」開催! 体験クルーズも

写真拡大

長崎県長崎港で日本、海外から帆船が集まる「2013長崎帆船まつり」が開催されている。開催日時は4月25日(木)〜4月29日(月)まで。会場は長崎水辺の森公園、出島ワーフ周辺。

同イベントに参加する帆船は、日本最大の帆船「日本丸」を始め、大河ドラマ「龍馬伝」に使われた「観光丸」、韓国からは「コリアナ」、南極探検を目的として建造された「ドーントレッダー」の4隻。

開催内容は、25日(木)13時から4隻の参加帆船が順次入港する「入港パレード」で幕を開け、26日(金)から行われる船内一般公開、27日(土)13時〜16時に日本丸のセイルドリル(操帆訓練)、28日(日)13時〜16時にはコリアナ、ドーントレッダーのセイルドリルが行われる。

さらに、期間通して「観光丸」の長崎港体験クルーズも実施。料金は、中学生以上1,000円、小学生以下500円となる。

陸上イベントとして、打ち上げ花火や手旗信号と和太鼓・鼓笛の披露を実施。また、帆船の話を聞きながら、長崎港を散策できる「帆船さるく」や、海上保安部の制服を着て、帆船をバックに記念撮影ができる「海上保安部ピクチャーサービス」など、さまざまなイベントが用意されている。

出航は最終日、29日(月)14時から。帆船が長崎港を去るのを見送り、イベントはフィナーレを迎えるとのこと。