山梨県・富士急ハイランドにパリ!? 入園無料の「リサとガスパールタウン」

写真拡大

富士急行は同社が展開する遊園地・富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に、フランス生まれの人気キャラクター「リサとガスパール」のテーマパーク「リサとガスパール タウン」を7月に開業する。

同施設は富士急ハイランドの入園口の外に開業。絵本『リサとガスパール』の舞台となるパリの街並みを再現したテーマパークで、アトラクションや飲食店・ショップで構成され、子供から大人まで楽しめる施設となっている。

園内に建つシンボルのエッフェル塔は、実物を忠実に再現した25分の1サイズ。石畳のメインストリートの周囲には、焼きたてのパンやクッキー、クレープが楽しめるカフェやクレープ屋さんなどの飲食店、リサとガスパールやフランス関連のグッズを販売。また、原画を展示するショップ&ミュージアムなどが並ぶ。

アトラクションは、実際にパリにもある二層式のメリーゴーラウンド、リサとガスパールの絵本の世界を楽しめるゴーカートなど。夜にはイルミネーションがタウン内を彩り、幻想的な世界を演出する。

同施設は富士急ハイランドの入園口の外にあるため、入園は無料。隣接するハイランドリゾート ホテル&スパには、「リサ」と「ガスパール」それぞれの“おうち”をテーマにした客室とテーマレストランも用意されている。