ジェフリー・カッツェンバーグCEOPhoto by Ethan Miller/Getty Images

写真拡大

ドリームワークス・アニメーションを率いるジェフリー・カッツェンバーグ最高経営責任者(CEO)が、「チベット・コード」を中国と共同製作すると発表したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

「チベット・コード」は、9世紀のチベットを舞台にした冒険小説シリーズで、原題は「藏地密碼」。ドリームワークスが上海に設立したオリエンタル・ドリームワークスと、中国の主要配給会社である中国電影集団などが共同で製作する。

ハリウッドにとって、アメリカに次ぐ第2の映画市場となった中国での成功をつかむためには、外国映画としての規制を受けない、中国との共同製作が不可欠だ。一方、中国側はハリウッドとの共同製作を、中国の思想を世界に発信する良い機会とみているようだ。

会見で、中国電影集団のハン・サンピン会長は、「この作品が中国の文化と価値を世界に輸出する手助けをするだろう」と述べている。

■関連記事
ドリームワークス・アニメ、上海に新スタジオ設立
中国の投資会社、ハリウッドに事務所開設
2020年までに中国が世界No.1の映画市場に
「カンフー・パンダ3」は中国との共同製作
ドリームワークス・アニメーション、350人のリストラ断行へ