中小企業ではいまだに面接でタバコを吸ったり暴言を吐いたりする社長がいると聞く

写真拡大

リクルートキャリアが転職実現者2013人を対象に調査したところ、採用面接において会社に改善して欲しいことは、「緊張感が高い圧迫面接」と「面接結果の通知が遅い」がともに19.0%でトップだった。

圧迫面接を不満に感じている人の割合は、女性(17.5%)よりも男性(20.2%)の方が高い。特に25歳以下の男性では、28.6%もの人が不快になる面接を体験しているという。

「就活うつ」引き起こす暴言は許されないが

圧迫面接とは、採用面接で求職者にわざと威圧的な内容の質問や反論をし、これへの対応を評価する手法。求職者のストレス耐性や隠れた性格を見破る方法として、一時は多くの会社で行われていた。

しかし、人を試すようなやり方が会社のイメージダウンにつながったり、「就活うつ」の原因になると言われたりしていることから、最近では真意はどうあれ「社外パワハラ」の一種として避けられているようだ。

それでも求職者が「改めて欲しい」のトップにあげる理由は何か。NAVERまとめの「本当にあった恐怖の『圧迫面接』の事例・暴言集」を見ると、少し気になる点があった。

「君の言っている事はつまらないね」とか「君、いらないんだよね」といった発言は、確かに礼を失するものだ。いくら採用側の立場が有利とはいえ、安易に許されるものではない。しかし、「暴言集」にあがっている

「頑張ると言ってますが、どのように頑張るんですか?」「△△部署を希望されていますが、もし○○部署に配属されたら、すぐに嫌になって辞めてしまいませんか?」

といった質問は、必ずしも「圧迫面接」とは言えないのではないか。

何を聞いても「頑張ります!」としか答えない人には、何をどう頑張るのか尋ねたいし、いくら潜在力のありそうな求職者でも、希望がかなわなければすぐ辞める人を採用したいと思わない。

いまどきの求職者は「辞めないと言っても辞める」

求職者が不快に感じたらすべて圧迫と言われたら、掘り下げた質問もできなくなる。「採用してもらう側だから仕方がない」と我慢する必要はないが、会社側から品定めされる立場であることも、受け入れざるをえない事実だろう。

もっとも企業の採用担当者によると、いまどきの求職者は面接慣れしているので、質問への答えはあまりあてにならないという。

「どんな質問にもそつなく答え、決意を聞いても『辞めません!』『働かせてください!』と元気に返事をするんです。でも、配属を知らせた途端に『やっぱり辞退します』と言われることは日常茶飯事ですよ」

求職者も、したたかなものだ。もしかすると「圧迫面接を改めて」という声も、会社側を牽制する言葉として使われている側面があるのかもしれない。