ローソン店舗で「Amebaプリペイドカード」発売--仮想通貨のコンビニ購入可

写真拡大

サイバーエージェントが運営する「Ameba」は23日、全国のローソン店舗にて「Amebaプリペイドカード」の販売を開始した。取扱店舗数は9,906店舗(2013年2月末時点、ローソンストア100除く)。

同カードは、「Ameba」専用のプリペイドカード。スマートフォン向けコミュニティ&ゲームSNS「Ameba」にて提供するゲームで利用可能な仮想通貨コインや、「アメーバピグ」などPCモバイルにて提供する「Ameba」のサービスで利用できる仮想通貨「アメゴールド」として、使用する。これにより、従来のクレジットカード決済やキャリア課金などに加え、プリペイドでの決済が可能になる。

販売カードは、1,500円(1,429コイン/アメゴールド)、5,000円(4,762コイン/アメゴールド)の2種類。

なお、今回の販売を記念して、プレゼントキャンペーンを5月13日まで実施。期間中、同カードを購入した人全員を対象に、購入額に応じた仮想通貨(購入額面の20%増)をプレゼントする。