悪役ジョン・ハリソンがフィーチャーされた「スター・トレック」最新ポスター(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

J・J・エイブラムス監督による人気シリーズ最新作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の日本版最新予告編とレギュラーポスターが、このほど公開された。

エイブラムス監督の手でリブートされた「スター・トレック」(2009)の続編となる今作では、エンタープライズ号の内部に潜んでいた悪が史上最大の危機をもたらし、主人公のジェームズ・T・カークらエンタープライズ号の仲間たちは、自らの絆や愛を試され、犠牲を払ってでも世界の平和のために戦う姿が描かれる。

その内容を示唆するように、ポスターには「人類最大の弱点は、愛だ。」というコピーが大々的に記され、その中心には英俳優ベネディクト・カンバーバッチ演じる悪役ジョン・ハリソンが描かれている。また予告編でも、表情を微動だにせず、淡々と復しゅう計画を実行する冷酷なハリソンをフィーチャー。カークと対じするシーンでは、「償いをさせてやる」と詰め寄られても、動じることなく「仲間さえ守れないおまえが?」と冷酷に言い放ち、その圧倒的な強さや存在感が垣間見える映像になっている。

今作で重要な存在となる悪役ハリソンは、冷酷な策略によって地球を危機に陥れる復しゅう者という設定だが、秘密主義で知られるエイブラムス監督の新作だけに情報は少ない。カンバーバッチも「彼は頭は切れるし筋骨たくましい。状況を思い通りに操る。自分の思い通りカークを追い詰めていくんだ。でも、みんなものすごく関心を持ってくれているし、僕がうっかり何かを言わない方がいい」と詳細を明かさない。カーク役のクリス・パインも、「スター・トレック作品ということで、世界中から多くの質問が投げかけられる。でもJ・Jは誰よりも秘密を守ることを考えるし、僕も学ぶことがたくさんあって大変なんだ(苦笑)」と話している。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」は8月23日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「スター・トレック イントゥ・ダークネス」予告編
ベネディクト・カンバーバッチ、ギレルモ・デル・トロ監督の幽霊屋敷映画に出演
米国税局が作成した「スター・トレック」のパロディ動画に批判殺到
新「スター・ウォーズ」受諾はスピルバーグの勧めとJ・Jが告白
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」異例の“第2回”来日プレゼン