体幹トレーニングで痩せ体質に! 側部を鍛える編 - 間違った筋トレを正す

写真拡大

整体師の大山奏です。体幹という言葉をご存知でしょうか。体幹は身体の中心部分のことで、体幹トレーニングでインナーマッスルが鍛えられると、姿勢が矯正され体内の筋肉が正しく動くようになります。その結果、筋肉量が増えやすく基礎代謝量も多くなり、ダイエット効果が高まります。

今回紹介するのは、体幹の中でも身体の側部を鍛えるサイドブリッジです。正しい方法で鍛えれば、腰の側面や足を大きく回す時に使う筋肉がつきます。最初の姿勢は身体が一直線になった状態です。

腰の横やお尻の筋肉が鍛えられていないと、身体を一直線にしたままの状態がつらく、お尻が下がってしまいます。これでは筋トレの意味がありません。しっかりお尻と腹筋、背筋に力を入れて一直線を保ちましょう。

最初の姿勢を30秒ぐらい保つところから始めましょう。最終的な目標は3分ぐらい。続けて行うのが難しければ、30秒3セットにしたり、限界まで行って30秒休むを3回繰り返してもいいです。正しい姿勢でないと筋力がつかないので、時間は短くても身体のラインに気をつけてください。

運動強度を高めるなら、サイドブリッジの状態から上にある方の足を開きます。開いたり閉じたりをゆっくり行うと、更に筋力アップ効果が望めます。