ボルボ「V40」から5気筒ターボ搭載のスポーティモデル「T5 R-DESIGN」登場

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンは、好調なセールスを記録している「V40」にスポーティモデル「T5 R-DESIGN」を追加して発売した。ボルボ伝統の5気筒エンジンを搭載し、足回りも強化。エクステリア、インテリアも専用パーツを数多く採用する。

「V40」は現代的なデザインや低燃費、ボルボならではの安全装備で日本でも人気を博している。今回登場した「T5 R-DESIGN」はそのスポーツバージョン。エンジンは6気筒並みのスムーズさと4気筒並みのコンパクトさをあわせ持つボルボ伝統の5気筒、その最新版となる2リットルターボエンジンで、最高出力は213PS。アイドリングストップ機能を搭載し、JC08モード燃費は13.2km/リットルと燃費性能にも優れる。

足回りは強化ダンパーとスプリングを採用したR-DESIGN専用スポーツサスペンション。エクステリアは専用のフロントバンパーをはじめ、リアにディフェーザーとスポーツテールパイプを装備する。ボディカラーもR-DESIGN専用のレーベルブルーとし、スポーツイメージを強調している。

インテリアもグレードアップされており、R-DESIGNロゴ刺しゅう入りの本革 / パーフォレーテッドレザーシートを装備。液晶メーターパネルには「R-DESIGN」スタートアップ・ビジュアルが浮かび上がり、センターコンソール「フリーフローティングセンタースタック」もブルーのストライプ入り専用アルミニウム・パネルを採用するなど、スポーツムードを盛り上げている。同モデルの価格は399万円。