ドウェイン・ジョンソンが緊急手術 (c)Hollywood News

写真拡大

プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソンが現地時間22日、ヘルニアの緊急手術を受けたことが明らかになった。

ドウェインは現地時間22日、自身が出演する映画『Pain & Gain』(原題、4月26日全米公開)のロサンゼルスのプレミアに参加するはずだったが、ヘルニアの緊急手術のために欠席したと彼の代理人はゴシップサイト「E!ニュース」に明かした。

ヘルニアの原因はプロレスの試合だったそうで、同映画のマイケル・ベイ監督は、「彼は強く押し過ぎたんだよ」「300ポンド(約136キログラム)の男と戦うのはやめた方がいいね」と明かしている。

また、ドウェイン本人は自身のツイッターにて現地時間23日に「手術は成功したよ!」とツイートしている。

今後の仕事に影響がでるかなどは明らかになっていないが、彼が早く良くなることを願いたい。【馬場 かんな】