食文化や人間関係……日本と外国が違う点を外国人に聞いてみました

写真拡大

日本で暮らす外国人にとって、日本に対して母国と比べてどのようなイメージを抱いているのでしょうか。外国人20人に日本と母国で異なる点について聞いてみました。

・日本の多くの母親は子供に弁当を作る。台湾の母親はほとんど外食に任せたり、家事や子供の出迎えを女中に任せたりする。日本のお母さんたちは偉い (中国/女性/30代後半)

・食に関する習慣。母国では食べ過ぎたと思います (ブラジル/女性/50代前半)

・食事の味の濃さが違います。日本料理の方が味が薄いです。健康で体にいいと思います (中国/女性/30代後半)

薄味であまり食べ過ぎない。そう聞くと、日本の食生活は本当に健康的なんだなと思えますね。日頃からお母さんが頑張っているおかげかもしれませんね。

・母国では、日常的に誰とでもすぐに社会問題、政治などについて意見が異なっても活発に議論します。でも、日本ではいつも同じ意見を持つ人たちしか同じグループ・団体に集まらないのでつまらないと感じることが多い (ドイツ/男性/30代後半)

・スウェーデン人はとてもまっすぐな人種です。言葉も真っすぐです。Grey zoneが全然ないので、日本の話と文化はなじむのがちょっと難しいです。日本人は本当の考えを教えてくれませんから。日本人も、もうちょっとまっすぐなほうがスムーズだと思います。打ち合わせとかすごく時間がかかりますから (スウェーデン/男性/30代後半)

・性格が違いますね。日本人より母国の人たちは非常に積極的で、にぎやかです。日本人ももっと積極的になるといいと思いますが、日本人の遠慮や内気なところに魅力を感じたりもします (アメリカ/男性/30代前半)

日本人は、白黒はっきりさせずに先送りにしてしまったり、進んで意見を言ったりしないというのは確かにありますね。「出るくいは打たれる」なんてことわざもありますし……。

・社会の組織的な構造が違う。日本では何でもちゃんとしたルールに沿っているので、全てのことがうまく流れます。イランでは逆で、何でもごちゃっとしています (イラン/女性/20代後半)

・最も異なることはマナーを守ることですね。日本では挨拶や、礼儀が大事です。マナーは社交的に大事なことだと思います。マナーのお陰で優しく相手と会話ができるので、いいことですね (フランス/男性/20代後半)

・夫婦関係が違うと思う。妻が夫のお金をコントロールするのは良くないと思います (イタリア/女性/20代前半)

お小遣い制に苦しんでいるお父さんたちがしたらうれしい意見でしょうけれど、奥さんからすると「こっちは家計のやりくりで大変なんだから! 」という厳しい意見が飛んできそうですね。

食文化のほか、マナーなど日本人の性質をあげる人が多かった今回のアンケート。良くも悪くも規則を守るマジメな姿が印象的なようです。

(アリウープ おーた)