「ミスター・ポテトヘッド マイファーストバケツ」

写真拡大

「ミスター・ポテトヘッド」というおもちゃをご存知だろうか。ジャガイモ型の本体に目、鼻、口のパーツを付けて遊ぶおもちゃで、アメリカでは1952年から販売している。世界各国で人気を博し、2012年に60周年を迎えた。1996年公開の映画「トイ・ストーリー」に登場したことを機に、日本でも知られるようになった。

同シリーズを扱うタカラトミーマーケティングは、「ミスター・ポテトヘッド マイファーストバケツ」を2013年4月25日に発売する。

未就学児でも片付けやすいバケツ入り

ジャガイモのプラスティックボディにパーツを差し込み、おどけた表情など「おもしろい顔」を作って遊ぶ立体型の福笑いのようなおもちゃだ。本体に装着する手足のパーツを動かせるため、パーツの組み合わせ次第でさまざまなポーズができる。どのような顔を作るかという発想が試され、さらにパーツを抜き差しする際に指先も鍛えられることから、知育玩具としても期待されているという。

今回発売の「ミスター・ポテトヘッド マイファーストバケツ」は、未就学児でも片付けやすいバケツ入りの製品。取っ手が付いていて、持ち運びにも便利だ。ボディのほかに目や鼻、ヒゲなど、16個のパーツが付属し、背中には使用しないパーツを収納するスペースもある。販売中の「トイ・ストーリーエディション」とパーツの互換性がある。

希望小売価格は1680円。