悪役ジョン・ハリソンを演じるベネディクト・カンバーバッチ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

J.J.エイブラムス監督による『スター・トレック』(09)の続編『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が8月23日(金)に公開される。今夏の最大の話題作になると目される同作の日本最新予告編とポスターが到着した。

【写真を見る】「人類最大の弱点は、愛だ。」のコピーが気になるポスター。その意味するところは?

ポスターでは「人類最大の弱点は、愛だ。」という衝撃的なコピーと共に、本作で悪役ジョン・ハリソンを演じるベネディクト・カンバーバッチの姿がフィーチャーされている。彼が演じるのは宇宙艦隊スターフリートの内部に潜み、冷酷な策略によって地球を危機に陥れる復讐を行う、美しくも冷酷な悪役だ。

ベネディクト・カンバーバッチは自らの演じる役について、「彼は頭は切れるし、筋骨たくましい。状況を思いどおりに操る。自分の思いどおり、カークを追い詰めていくんだ。でも、みんなものすごく関心を持ってくれているし、僕がうっかり何かを言わない方が良いね」と言葉を濁す。

ジェームズ・T・カークを演じるクリス・パインも、本作のプロモーションに関して「スター・トレック作品ということで、世界中から多くの質問が投げかけられる。でも、J.J.は誰よりも秘密を守ることを考えるし、僕も学ぶことがたくさんあって大変なんだ(苦笑)」と語っている。

さらに今回届いた最新予告編では、表情を変えずに淡々と復讐計画を実行する冷酷なジョン・ハリソンの姿が。カークと対峙するシーンでも、「償いをさせてやる」と詰め寄られると、「仲間さえ守れないお前が?」と冷酷に言い切る。果たして、彼は何のために復讐を行うのか?そして愛するものを守るため、人類は何を犠牲にするのか?

クリス・パインは「ストーリーもアクションも前作の比じゃない。登場人物たちが経験する旅も。彼らはまだ家族のような関係になりきれていない、未完成なチームなんだ。彼らの成長する過程はとても興味深いものになると思うよ」と自信を見せる。

その他のキャストにはザッカリー・クイント演じるスポック、ゾーイ・サルダナ演じるウフーラ、カール・アーバン演じるマッコイ、サイモン・ペッグ演じるスコッティなど、前作のクルーたちも続投する。今、ハリウッドで最も注目を集めるJ.J.エイブラムスがこの『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でどんな仕掛けをしてくるのか、8月23日(金)の日本公開を楽しみに待ちたい。【Movie Walker】