カンバーバッチが正面を向いた! - 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』本ポスター
 - (C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.

写真拡大

 人気SFシリーズ最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の本ポスターが公開された。これまでのポスターで使われてきたのは、廃墟の上に立つ、ベネディクト・カンバーバッチふんする悪役の後ろ姿のビジュアル。本ポスターは、ついに正面を向いたベネディクトとともに「人類最大の弱点は、愛だ。」という衝撃的なコピーが目を引くものとなっている。

 シリーズ初登場となるベネディクトが演じるのは、宇宙艦隊スターフリートの内部に潜み、冷酷な策略によって主人公カーク(クリス・パイン)率いるエンタープライズ号のクルー、そして地球を危機に陥れる“美しく冷酷な悪役”ジョン・ハリソン。ベネディクトは自身の役柄について「彼は、頭は切れるし筋骨たくましい。状況を思い通りに操る。自分の思い通りカークを追い詰めていくんだ」と明かした。

 しかしそれ以上のことには「僕がうっかり何かを言わない方がいい」と口をつぐんだベネディクト。『スター・ウォーズ』最新作を手掛けることでも話題のJ・J・エイブラムス監督は、キャストに対してもしっかりかん口令を敷いているようで、主演のクリスも「スター・トレック作品ということで、世界中から多くの質問が投げかけられる。でもJ・Jは誰よりも秘密を守ることを考えるし、僕も学ぶことがたくさんあって大変なんだ」と苦笑いでコメントしている。

 また、本ポスターと同時に最新日本版予告編も公開。復讐(ふくしゅう)計画を実行するジョン・ハリソンをなぜエンタープライズ号のクルーたちが追うことになったのか、カークとスポック(ザカリー・クイント)のやりとりなどから映し出している。彼らのほか、ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)、スコット(サイモン・ペッグ)、チェコフ(アントン・イェルチン)らおなじみの面々が顔を見せている点も見逃せない。

 ジョン・ハリソンは何のために復讐(ふくしゅう)を行うのか、また世界の平和と引き換えにカークが、そしてエンタープライズ号のクルーが払わなければならない犠牲とは一体何なのか? クリスが「ストーリーもアクションも前作の比じゃない」と絶対の自信を見せる本作の人間ドラマの側面にも期待が掛かる。(編集部・市川遥)

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は8月23日より全国公開