知識でも、ノウハウでもなく、大切なのは「自信」。
19歳で起業。成功と失敗を繰り返し、2回目の脱サラ後、32歳で5000万円の借金を背負った著者が、どん底状態から、人生を大逆転させた行動力の秘密を語る。根拠がなくても、実績がなくても、やる気を生み、恐怖心を消し去る「強い心」のつくり方

「自信が持てない人」は、
マイナスの出来事を大きくとらえる

 本連載では、「自己肯定感を高めることがいかに大切か」を繰り返し述べている。さて本日は、自己肯定感を高め、自分自身のことを好きになるためのコツをご紹介したい。

 たまたまの失敗で「これは不得意だ」「自分に合わない」と落ち込んだことはないだろうか?あるいは「自分は世の中に必要な人間なのだろうか」とふさぎ込んだ経験はないだろうか?

 ほんの一瞬のマイナスの出来事で、全体の印象までこうだと思い込んでしまい、「できない」「無理だ」と決めつけてしまう。心当たりはないだろうか?

 自信が持てない人ほど、1つのマイナスの出来事を大きくとらえて、どんどん自分の中で膨らませてしまう。

 しかし、そんな自信喪失の多くはたいてい「思い込み」によるものであり、妄想にすぎない。「思い込み」の力は大きい。あなたの人生を加速させる、アクセルにもブレーキにもなりうるものだ。この「思い込み」を武器に変えてほしい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)