塚田の初優勝を支えた『G25アイアン』(撮影:福田文平)

写真拡大

<つるやオープンゴルフトーナメント 事前情報◇23日◇山の原GC山の原C(6793ヤード・パー71)>
 前週の国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で見事ツアー初優勝を果たした塚田好宣。強風が吹き荒れるタフなコンディションを制する上で大きな武器となったのが、ピンゴルフの新作『G25アイアン』だった。
「次の目標は何にしようかな」43歳・塚田好宣がツアー初優勝!
 3月に開催された「ジャパンゴルフツアーアジアシリーズ」から同モデルを使用しているという塚田。「やさしいアイアンというとボールが上がるイメージがあるけど、これは低く抑えた球も打てる。操作性も良いし、距離も出ます」とその性能の高さを絶賛する。
 実際、7番アイアンで175ヤードから180ヤードほど飛ぶようで、以前使用していたモデルよりも約10ヤード距離が伸びているという。「1番手違うので楽ですね。東建の最終日も風が強い中で抑えて打つ時に飛びすぎないように気をつけたくらいです」とその高い飛距離性能を武器に強風の吹く東建多度CC名古屋を攻略した。
 「もう1つ上のステージに行くためにチャレンジしていきたいですね」初優勝を挙げても塚田のバイタリティは変わらない。将来的な目標を“60歳までシードを獲る”と語る43歳の挑戦を『G25アイアン』が支えていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
プロを目指した男が語る最新クラブのシンジツ!
コースで見つけた美女ゴルファーが登場!「今日の美ゴ女」