片づけたいけど捨てたくない人のための「無印良品」「イケア」活用術

写真拡大 (全4枚)

 一時期、家の整理整頓をする際のキーワードとして「断捨離」という言葉が流行しましたが、思い入れのある品々を捨てるのは辛いことでもあります。
 「できる限り捨てずに部屋を整理したい!」と思っている人は多いはず。そんな願いをかなえてくれるのが「無印良品」と「イケア」です。
 『無印良品とイケアですっきり収納・インテリア』(扶桑社/刊)は、タイトルの通り「無印良品」と「イケア」のアイテムを使ったオシャレで効率的な収納テクニックを紹介する一冊。
 生活空間を減らさず収納スペースを増やすという魔法のようなことを可能にしてくれます。


■クローゼットの隙間に小物ケースを入れてスペースを有効活用
 クローゼットのポールに洋服を吊るすと、その下の部分に空白ができます。ここを見逃したらもったいない!
 この空白を利用して、小さな引き出しやバスケットを入れると、靴下や下着、ちょっとした小物を入れるのに便利。「無印良品のポリプロピレン製の引き出しは、たくさん並べても空気みたいになじんで圧迫感のないところがお気に入り」とは、大の無印良品好きで、2年前に「無印良品の家」を建てた東京都の江口響子さん。クローゼットにいれる収納も同じ種類のものを揃えるとスタイリッシュに見えます。



・おすすめアイテム
「無印良品」ポリプロピレンケース・引出式・浅型

■キッチンの小物はマグネット式小物入れに入れる
 調理器具だけかと思いきや、案外こまごまとした小物がたまりやすいのがキッチンです。
 すぐ手の届くところに置いておきたいものや、料理と関係のないものも多いので、調理台の戸棚に入れるのはためらわれるところ。
 そんなキッチン小物の収納で活躍するのがマグネット式の小物入れです。冷蔵庫の扉にくっつけておけば、“どこにおいたっけ?”と探し回ることなく、必要な時にすぐ取り出すことができます。
 「アルミの素材感も悪くないし、さっと使えて便利です」(タレント ちはるさん)



・おすすめアイテム
「イケア」グルンドタール 小物入れ(3個入り)

■カウンター下のスペースには大きめの引き出しを
 リビングによくある、電話機やステレオを置くカウンターの下も、活用しない手はない「収納スペース」です。
 ここには少し大きめの引き出しが入るので、家族みんなの収納として子どものオモチャや薬箱、工具などを入れると生活がスムーズになります。



・おすすめアイテム
「イケア」トロファスト フレーム、トロファスト 収納ボックス

 今回紹介した収納グッズは、どれも無駄にしていたスペースを活用するもので、生活空間を狭めるものではありません。
 本書には「無印良品」と「イケア」の便利な収納グッズと収納テクニックがまだまだたくさん掲載されていますので、足の踏み場がない部屋は嫌だけど、物を捨てるのも嫌!という人はぜひ参考にしてみてください。
(新刊JP編集部)