「スマイル、アゲイン」のポスター(C) 2011 PLAYING PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

ジェラルド・バトラーの主演最新作「Playing for Keeps」の邦題が「スマイル、アゲイン」になり、8月17日に劇場公開されることが決定した。初ビジュアルとなるポスターでは、バトラー扮する落ちこぼれた元サッカー選手が、不器用ながらも幼い息子に寄り添う姿を垣間見ることができる。

「幸せのちから」(2006)、「7つの贈り物」(08)のガブリエレ・ムッチーノ監督が、バトラーを主演に迎えたヒューマンドラマ。サッカー選手のジョージは、忙しさにかまけて妻と息子との時間をおろそかにし、5年も音信不通になっていた。しかし、ケガで引退を余儀なくされたことをきっかけに家族の大切さを痛感し、試行錯誤を繰り返しながら息子との溝を埋めようと奮闘する。

仕事と家族を失いかけた、崖っぷちの父親役に挑んだバトラー。子役のノア・ロマックスくんは、息子ルイス役に挑戦したが、ムッチーノ監督お墨付きの演技で、バトラー扮する父との微妙な距離感を体現した。ジェシカ・ビールが元妻ステイシー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズとユマ・サーマンは、ジョージが監督を務めるジュニアサッカーチームの母親軍団を演じている。

「スマイル、アゲイン」は、8月17日から全国で公開。

■関連記事
G・バトラー、U・サーマン、J・ビールがサッカーコメディで共演
【全米映画ランキング】「007 スカイフォール」が再び首位に。ジェラルド・バトラーの新作は6位デビュー
「7つの贈り物」ウィル・スミス来日。ラブシーンではナーバスに?
ジェラルド・バトラー「300」スピンオフの出演を辞退
ジェラルド・バトラーの思いが伝わる「マシンガン・プリーチャー」動画を入手!