外国でいまトレンドのグルメとは?

写真拡大

東京や関西など、日本のレストランは多くのミシュランの”星”を獲得しています。世界の中でも最もグルメな国の一つである日本。毎年様々な食べ物が流行してますが、海外ではどのようなものがブームとなっているのでしょうか。外国人20人に母国で最近流行っているフードについて聞いてみました。

・タピオカのクレープ (ブラジル/女性/50代前半)

・マンゴーかき氷 (中国/女性/30代後半)

そういえば日本でも「白いたい焼き」が流行し、あの独特のモチモチ感はタピオカ粉に秘密があるとか。モチモチスイーツは日本だけでの人気ではないのですね。マンゴーかき氷は台湾でも定番スイーツとして、日本人観光客に人気です。

・すし (フランス/男性/20代後半)

・日本料理です (イタリア/女性/20代前半)

すしに関しては、ウクライナやスイスの方からも意見があがっていました。外国の街ですし屋を目にすることも多いですよね。

・ベトナム料理。ベトナムの春巻きやサンドイッチなど。ファストフード店にあります (マリ/男性/30代前半)

・chipotleというチリペッパーの一種が入っている料理 (アメリカ/男性/30代前半)

・タパスバー (スペイン/男性/30代前半)

・パパイヤサラダです (ラオス/女性/20代後半)

・餅カルビ (韓国/女性/30代後半)

chipotle(チポトレ)はメキシコのハラペーニョを使った香辛料の一種。加えるだけでメキシコ料理っぽさが出て便利そうな調味料ですね。パパイヤのサラダは沖縄でも食べられますね。いろいろな味付けがありそうです。トッカルビと呼ばれる餅カルビは、カルビをミンチ状にしたものをハンバーグのように成形して焼いたもの。韓国ではいま、こういう料理がトレンドなのですね。。

世界各地の個性豊かなフードが並びました。そんな中で、和食が結構な存在感を示したのはちょっとうれしいことですね。

(アリウープ おーた)