逮捕された後でキャッチされたリース・ウィザースプーン (c)Hollywood News

写真拡大

女優のリース・ウィザースプーンが、逮捕されたことに関して謝罪の表明文を発表した。

リースは現地時間19日の早朝、ジョージア州のアトランタにて夫でタレントエージェントのジム・トス氏の運転する車に乗っていた。トス氏は車線を逆走していたことで警察官に止められ、飲酒検査をしたところアルコール反応が見られて、逮捕された。リースはその時に感情的になり、その警察官に本物の警察官か疑わしいと言ったり、「私の名前を知っている?」「あなたは私が誰か知ることになるわ」と発言したりしたという。そして、警察官を妨害したことでリースも逮捕されてしまったのだ。

リースはゴシップ誌「Usウィークリー」に表明文で、すべてを語ることはできないこと、そしてお酒を飲んでいたことを明かし、「私は自分が言ったことを本当に恥ずかしいと思っています」「とても恐ろしい状況でした。私は夫を思うと恐ろしい気持ちになったのです。しかし、それはただの言い訳です。仕事をしていた警察官に対して、私はとても無礼でした。あの夜、私が使った言葉は私が本当に言いたかったことではありません」「私の振る舞いに対し深く謝罪します」とコメントしている。

リースはかなり後悔と反省をしているようである。きっと今後は同じ過ちをしないように心がけていくのだろう。【馬場 かんな】