人に合わせて「書」が動く! 千葉県・成田空港に体験型デジタルアート登場

写真拡大

成田国際空港は4月27日より、チームラボのアート作品「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」をデジタルサイネージで展開するイベントを開催する。

同作品は、2011年に紫舟+チームラボにて発表したもので、フランスのバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual」の国際コンテスト「ReVolution」では「建築・芸術・文化賞」を受賞するなど、海外でも評価されたもの。

このほど、同作品をデジタルサイネージで展開するイベントを、成田空港第1旅客ターミナル 南ウイング4階 出発ロビーで開催する。画面上部に設置されたセンサーで人の動きを感知し、映し出された「書」に近づくと、その書が意味する姿に形を変え、空間に広がるというデジタルアート作品となる。

展開する端末は、デジタルサイネージ「SKY GATE VISION」の中でも最大となる、有機ELパノラマビジョン(約385インチ)を使用。空港を訪れた人は誰でも、デジタルアートを体験することができる。

イベントは4月27日から開始。実施時間は、毎時30分間(6時〜22時の毎正時〜30分まで)。なお、同展の様子はチームラボ公式サイトで、動画で配信している。