福岡にも”都会のオアシス”が登場--あおぞら銀行、福岡支店を6月17日に移転

写真拡大

あおぞら銀行は22日、同行の福岡支店を明治通り沿い天神交差点より徒歩約2分の場所へ6月17日に移転すると発表した。

福岡支店の新店舗の所在地は、福岡県福岡市中央区天神2-8-36。地下鉄天神駅2番出口上がってすぐと、天神の中心である天神交差点からもアクセスしやすい立地になっているという。支店名、顧客の口座番号(取引先番号)に変更はなく、今までどおり取引できる。6月14日までは、従来同様、現店舗(福岡県福岡市中央区天神1-14-18)にて営業している。新福岡支店の内装は、同行の統一デザインコンセプト「都会のオアシス」を採用し、明るくかつ落ち着いた雰囲気の中で、顧客がじっくりと資産運用を相談できる空間を実現した。

また、同行は60歳代をはじめとしたシニア層向け資産運用相談業務を一層強化するべく、2月より宇宙飛行士の毛利衛氏をステーツマン(メインパーソナリティ)に起用し、「Brilliant 60sを、ごいっしょに。」をメッセージとした新たなリテール・ブランド戦略を展開している。新福岡支店においてもシニア層の顧客への相談業務に注力していくとしている。

あおぞら銀行福岡支店は50年以上にわたり、福岡ならびに九州の顧客の役に立てるように努力してきたという。今後もより多くの顧客に満足してもらえるよう努めていくとしている。