仕事復帰を報告した渡瀬マキ
 - 画像はスクリーンショット

写真拡大

 頚椎椎間板ヘルニアのため休養していた元LINDBERGの渡瀬マキが、仕事復帰していたことが明らかになった。2月上旬から体調不良を訴えていた渡瀬は、後に頚椎椎間板ヘルニアと診断され、2月23 日に予定されていたライブを中止。その後は療養に専念していた。

 渡瀬は20日のブログで、5月に名古屋テレビで放送される「池上彰と考える!巨大自然災害から命を守れ2」に出演したことを報告。ライブ中止以来初となる仕事について「今日は名古屋でお仕事でした。新幹線に乗るのもテレビに映るのも不安でしたがなんとか乗りきりました」と振り返った。

 テレビが復帰の場になったことについては「体調のこともあるので歌わない仕事をまず一歩としてやらせていただこうと」と説明。関係者に感謝の意を示すとともに、「ジャージや部屋着ばかりの2ヶ月だったので、きちんとした?格好は久しぶりすぎて疲れました(苦笑い)」とつづっている。(編集部・福田麗)