【文房具】6人の″カリスマ文房ガー″が文具のお悩みを解決! 「グッとくる文房具サミット2013」レポート

写真拡大

2013年4月6日、東京都全域に暴風警報が出ているなか、お台場にあるニフティ株式会社が運営するイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」で、『グッとくる文房具サミット2013春』が開催されました。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

このイベントは3月に徳間書店から発売されたムック本『グッとくる文房具』の発売を記念して開催された、雑誌作成に携わったカリスマ文房ガーの皆さんによるトークライブです。

こちらの6名がカリスマ文房ガーの皆さん。

文房具トークユニットブングジャムのお三方。
文具メーカー勤務 ブングジャムご意見番の他故壁氏さん。
学校に持って行ったら間違いなく先生に没収されるイロモノ文具のコレクター、ブングジャム きだてたくさん。
テレビ東京『TVチャンピオン』全国文房具通選手権三連続優勝の文具王、ブングジャム 高畑 正幸さん。

グッとくる文房具編集担当 徳間書店の岩崎 多さん。
文筆家、放送作家の古川 耕さん。
ウレぴあ総研の文房具記事も書かれているフリーライター納富 廉邦さん。


雑誌制作の裏話や、ペン立てを盆栽のように愛でて楽しむ雅な遊び『ペン栽』の指南、文房具を分解して構造を分析する「謎解きは分解のあとで」の動画付き解説など、企画が盛りだくさんでした。
その企画の中の一つ「文房具お悩み相談」コーナーをご紹介したいと思います。

「文房具お悩み相談」は、会場に来ている人たちの悩みをカリスマ文房ガー達がすべて『文房具』で解決していくというコーナーです。
その素晴らしい回答の数々を、御覧ください。

■<会場のお悩み その1>

Q.ガムテープをはさみで切ると、のりが刃に付いてベタベタになってしまう。ガムテープを切っても、ベタベタしないはさみがあったと思うのですが、オススメはありますか?

<カリスマ文房ガー回答>
まずは、フッ素コートのはさみを選ぼう。
フッ素コーティングされていると粘着剤の付着が抑制されるため、ガムテープを切ってもベタベタしにくくなります。

コクヨのエアロフィットスペリオは、閉じたときに刃と刃が面で接しない中空構造のグルーレス刃、高硬度のチタンコーティング、フッ素コートと対策が全部盛りこまれた最強はさみです。


■<会場のお悩み その2>

Q.ノート使い切る前に、他のノートが欲しくなりつい買ってしまう。使っていないノートばかり増えるのが心苦しいです。どうしたらよいでしょうか。

<カリスマ文房ガー回答>
ノート浮気性問題ですね。
仕事用、日記用、アイデア用など、書く内容に合わせてノートを別にしましょう。
するとたくさんのノートを同時に使うことになるので、使っていないノートの数は減ります。

ノートにレシート貼ってみて、空いた余白にメモするだけでも立派な日記になります。
立派なことを書こうと思わなければ、ノートも書きやすくなります。

書き味のよいペンを使って、ノートの片面だけを使うのもオススメです。
片面しか使わないので、ペンのインクの裏写りも気にしなくてよくなります。
書き味のよいペンからドバドバインクを出して書くと、気持ちいいからどんどん使えるようになります。

使わないでノートを大事にしまっているのも勿体無いので、どうせ勿体無いことをするなら贅沢に使いましょう。

■<会場のお悩み その3>

Q.夜中にお腹が空くとつい食べてしまう。文房具で解決できますか?

<カリスマ文房ガー回答>
世界には『食べられるノート』というものがあります。このノートを食べましょう。
このノートはそれなりにマズいので、「美味しくないノート食べたから食べちゃったな。」と、食欲を減退させそれ以上食べなくても我慢するできるでしょう。

■<会場のお悩み その4>

Q.ノック式ペンをペン先を出したままワイシャツの胸ポケットにしまってしまい、服を汚してしまいます。なにか対策はありますか?

<カリスマ文房ガー回答>

DOWN FORCE/ダウンホースのようにクリップを開けたら、ペン先が収納されるペンがあります。このペンを使っていれば、胸ポケットにしまうときに自動的にペン先が収納されるので汚す心配はありません。

もし汚してしまったときは、「こういう柄の服だ」と言い張りましょう。
常に黒いペンを使っているなら着る服を黒にするなど、服の色をペンにあわせてしまえば気にならなくなります。

■<会場のお悩み その5>

Q.いつも文房具を持ちすぎてしまい、荷物が重たくなってしまいます。

<カリスマ文房ガー回答>
持っている文房具をすべてプチサイズのものに変えてしまうのが対策の一つ。

または、持ち歩くものを厳選するという対策もあります。
文房具の用途に合わせて、色ペンのみの筆箱、切るモノだけの筆箱など筆箱に分けてみましょう。
家を出るときに、「今日使いそうなものはコレとコレ。」と、使うものだけピックアップしてあげれば不要な文房具が減り、軽くすることができます。

定期的によく使った文房具は一軍、あまり出番がなかった文房具は二軍と選抜会議をやって筆箱の中身を厳選していくのも楽しいです。

いっそ対策せずに開き直り、文具王のように大量に文房具を持ち歩くのはどうでしょう?
みんなから「あいつはスゴイ」と言われるようになったら、たくさん文房具を持ち歩いても苦にならなくなります。

■<会場のお悩み その6>

Q.いつも忙しそうにしていて声かけにくい上司がいます。うまく伝言を伝えるためにはにどうしたらいいでしょうか?

<カリスマ文房ガー回答>

話しかけにくくても、仕事の情報は伝えなくてはいけません。
そういうときは、話しかけなくても伝言が伝えられるメモを使うのがよいでしょう。

そのときカミテリア クルルのように、可愛い伝言メモを使うと、上司から「こいつ、わかっているな。」と思ってもらえ、その後のコミュニケーションもうまくいくようになるでしょう。

■<会場のお悩み その7>

Q.文房具に詳しくなってくると、一般の人との知識のギャップを感じるようになります。ギャップを埋めるにはどうしたらよいのでしょうか?

<カリスマ文房ガー回答>
世界中で累計6億本売れたという消えるボールペン フリクションボール。この大ヒットしているボールペンでも、知らないという一般の方もいます。

初めて文房具の話をするときは、相手の文房具の知識がどのレベルなのか探りをいれながら話しましょう。
場合によっては、文房具の特徴などは詳しく説明せずに「このペン使ってみて。」と現物をプレゼントしてあげましょう。
フリクションボールなら数百円。文具好きの仲間を増やす投資だと思えば安いのではないでしょうか。

大事なのは、一般の人に文房具のことを熱く語って引かれても悲しくならないことです。
そして、文具イベントに参加して日頃の鬱憤をはらしましょう。


いかがでしょうか。
どんな人生の悩みも、カリスマ文房ガーの皆さんにかかれば、全部文房具によって解決できそうです。

イベント終了時には、次回の企画も計画されているとの発表がありました。
次回イベントに備えて、お悩み相談用ノートを作り、文房具で解決してもらいたい人生の悩みをストックしておこうと思います。

こちらのレポートもどうぞ!
【文房具】子どもも大人も大好き! "おもしろ消しゴム"の世界 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13452 ]
【文具】どうしてこうなった!? 完全に方向を見失った、愛しき「駄文具」の世界 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12303 ]
デスク周りを"おいしく"楽しく!思わず食べたくなる「食べ物文具」5選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12190 ]
【文房具】机にちょこんとおじゃま。目立つし可愛い「どうぶつ伝言メモ」たち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12238 ]
文具好きが太鼓判!『東京文房具会』で見つけたオススメ文房具8選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12940 ]