三重県、赤目四十八滝の「忍者の森」で「手裏剣打ち大会」開催

写真拡大

日本の滝100選に名を連ねる「赤目四十八滝(三重県名張市)」にある「忍者の森」で「2013手裏剣打ち大会」が開催される。期間は4月27日から5月6日の10日間。

「赤目四十八滝」は戦国時代に活躍した伊賀忍者の修業の地。その立地を生かし、丸太渡りなどのアクティビティをはじめ、手裏剣術などの忍者修業体験を体験できるのが「忍者の森」だ。「2013手裏剣打ち大会」は例年通りGWに開催される。

参加条件は特になく、当日現地で申し込みを受け付ける。1回の挑戦につき、鉄手裏剣5枚で300円の「手裏券」が必要。的に当たった手裏剣の数に応じて、忍者にちなんだ賞品が当たる。また5月5日は、「赤目四十八滝」への子供(小・中学生)の入山料が無料になるとのこと。

なお、忍者衣装のレンタルも可能。申し込み(9時から15時30分まで)は赤目滝バス停横の「エコツアーデスク忍者の森」で受け付け、1日につき500円となる。