働き者・内田有紀が呼ぶ共感の声

ざっくり言うと

  • 内田有紀が、「最後から二番目の恋」の好演で評判を呼び、ドラマに出続けている
  • 主役は張れずとも脇役を懸命にこなす姿は、社会の現状と重なると指摘
  • 「同世代の、働く女性が共感を抱く女優さんのひとりでは」と筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング