佐藤健とCNBLUEヨンファが雑誌で競演。共通点はアジア人気と「エロさ」!?

写真拡大

佐藤健とCNBLUEのヨンファのツーショットが新創刊の雑誌『AJ』の表紙を飾った。このふたりに何の共通点があるのか? 佐藤健の映画にCNBLUEが曲を提供したの? ヨンファが俳優として佐藤健と共演したの? まさに「???」である。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

「それこそが、まさに狙いなんです」と、いうのは『AJ』の編集長・浅野宗祐氏と、クリエイティブ・ディレクターの小林淳一氏。雑誌不況といわれる中にあえて船出した『AJ』の仕掛け人に、 ――なぜ、佐藤健とヨンファという顔合わせが表紙になったのか? 話を聞いた。

■佐藤健とCNBLUEのヨンファに共通の”空気”を感じた

浅野:関係性のないふたりの組み合わせがまさにケミストリー(化学反応)であり、事件なんです。でも、佐藤健は主演映画『るろうに剣心』のヒットの風が海外まで届き、シンガポール、台湾などでは注目を集めました。また、ヨンファのバンド、CNBLUEはまさにこの4月からワールドツアーがスタートしました。ふたりには自国から海外、特にアジアで活躍しているという共通点があります。あとは、私感ですがふたりの空気感や雰囲気が似ていると思ったし、決定的だったのが、共通の「エロさ」を感じました(笑)。

――確かに、ふたり並んだ姿に違和感はないですよね。読者の反応は?

浅野:発売してからじゃないと、本当の反応はわかりませんが、予約の時点では上々です。ぴあBOOKSHOPだけで、「アザーカバー」という特典企画をしたのですが、反応が早かった。ふたりのファンのTwitterなどを使った伝播力がすごかったし、否定的な反応はほとんどなかったですね。

――広末涼子とハン・ヒョジェというのも意外な組み合わせですよね。

小林:アジアで人気のある日本人の女優は、広末涼子、蒼井優、上野樹里なんです。一方、ハン・ヒョジェは『華麗なる遺産』、『トンイ』で高視聴率女優となり、日本でも好感度が高い。韓国では、このふたりのツーショットだけでニュースになります。

■韓国のエンタテイメントは国内より海外で商品価値が上がっていて
アジア諸国では、日本人が思う以上に日本のドラマの人気が高い

――これらの組み合わせに、ビジネス戦略もありそうですが、『AJ』のテーマ、そしてミッションとは何でしょう。

浅野:この雑誌をきっかけに日本、中国、韓国、台湾、香港など東アジアのエンタテインメント・カルチャーによるケミストリー(化学反応)を起こすことがテーマです。CDなどのパッケージメディアが売れなくなるなど様々な要因が絡み、各プロダクションの目が海外、特にアジアに向くようになりました。K-POPや韓国ドラマといった韓国のエンタテインメントは、すでに輸出産業として国内よりも海外で商品価値が上がっています。日本でもK-POPがオリコンチャートの上位にいるし、地上波で韓国ドラマが放送されていますよね。一方、日本はこれまで国内だけで産業が成り立っていたので海外に目が向いていなかったけれど、アジア諸国では日本人が思う以上に日本のドラマの人気が高い。これを繋ぎ、海外の文化を日本へ、日本の文化を海外へ紹介するプラットフォームになるようなメディアを目指しています。

■日本のノウハウを使って、アジアでスターを育てるフェーズに入った

――日本のプロダクションの目が、海外へ向いているという話がありましたが、今回のアミューズ特集が良い例ですよね。

小林:そうですね。今回、総合エンターテインメント企業株式会社アミューズの大里洋吉会長のインタビューを掲載していますが、これはかなり貴重だと思います。大里会長は今、韓国ミュージカルに傾倒していて、日本に韓国ミュージカルの専用劇場を造るほど。他にも、flumpool、Perfume、ONE OK ROCK、CROSS GENE、水田航生、吉高由里子、佐藤健から福山雅治までアジアに進出している。最近も福山雅治の『ガリレオ』のアジア進出という大きなニュースがあったばかり。福山雅治のアサヒ スーパードライのCMを『レッドクリフ』のジョン・ウーが監督したというニュースも入って来ました。アミューズは、日本のノウハウやフォーマットを使って、アジアでスターを育てるというフェーズに入りました。これまで、日本国内のマーケットで成り立っていた日本のエンタテインメントも海外に向かい出したってことです。

浅野:アジアで人気が高い岩井俊二監督のインタビューもありますが、岩井監督と大里会長は奇しくも同じことを言っています。

■『AJ』が提示するのは、実は「エロさ」!?

――『AJ』も雑誌として海外に向かっているということですよね。

浅野:想像以上に、日本のコンテンツはアジアでのニーズが高いんです。『AJ』も収益の半分を海外で上げようと思っています。そういう意味でも『AJ』がプラットフォームとなって、アーティストや俳優のアジア進出の手助けになればと思います。『AJ』の版権を買えば、アジアのエンタテインメントが手に入るという雑誌にしたいですね。

――ハリウッドの目もアジアに向いていますよね。

小林:ハリウッドのメジャースタジオは、みんなインドに進出してる。そして、アジア人に向けた映画を作ってますよ。今年アカデミー賞を総ナメにした『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』がまさにそう。先進国は少子化が進む一方ですからね。

――おふたりが今、個人的に興味があるアジアのエンタテイメントとは?

浅野:今回『AJ』でも取り上げていますが、中国のフォトグラファーのチェンマンですね。すごくアジア的な写真を撮ります。こういったアジア気鋭のクリエイターと日本のアーティストと俳優を組み合わせて、見たことのない化学反応を起こしてみたいですね。

小林:多くの俳優・女優と 接して実感するのは、彼ら自身がすごくアジアを意識しているということです。積極的に海外のスターと情報交換をしている。彼らにとって、ハリウッドより、アジアに出ていく方が身近なんだと思います。その流れの中で、芸能事務所の戦略、例えば、ジャニーズ事務所がアジアに対して今後どういう戦略を打っていくかは、興味がありますね。

――『AJ』のメインターゲット層は女性だと思いますが、彼女たちに向けて『AJ』が提示するものとは?

浅野:「エロさ」だと思います(笑)。『AJ』はグラビアがメインの雑誌ですが、佐藤健とヨンファ、広末涼子とハン・ヒョジェ、綾野剛とチュ・ジフン、これらの組み合わせって「エロさ」を生んでいる。ケミストリーが起きている気がします。

■アジアのエンタテインメントが交わる“場所"、
アジアと日本をつなぐビジュアル・マガジン AJ [エー・ジェー] 誕生!

グローバルに活躍する日本とアジアのスターが、音楽・映画・ドラマ・演劇・ファッションなどエンタテインメントという共通言語を通して、お互いの情熱をぶつけ合う。
そんな“つながる"瞬間をグラビアで表現する日本初のコラボレーション・マガジン「AJ [エー・ジェー]」。今回、表紙と巻頭特集を飾るのは、映画『るろうに剣心』で知られる映画界・ドラマ界を代表する若手俳優・佐藤健と、韓国出身人気バンドCNBLUEのボーカリストにして俳優としてもアジア全域で人気を誇る、ヨンファ。人気実力ともに認められた若手ふたりが誌面で、麗しくも激しい競演を果たします。また、その他にも必見のアジアを代表する豪華スターが登場。アジアと日本のエンタテインメントが交差する、この新たなビジュアル・マガジンをお見逃しなく!

佐藤健☓ヨンファの感想を投稿して、サイン入りアザーカバーをGET!
[http://t2.pia.jp/feature/aj/index.jsp]

【CONTENTS】

初の顔合わせ! 表紙・独占インタビュー 佐藤健 × ヨンファ(CNBLUE)

●佐藤健×ヨンファ(CNBLUE)●広末涼子×ハン・ヒョジュ●綾野剛×チュ・ジフン●ソンミン(SUPER JUNIOR)●イ・ホンギ(FTISLAND)●ウーズン●チェン・ボーリン●ジロー●長澤まさみ●GLAY●岩井俊二●草磲剛×チャ・スンウォン●アミューズのアジア戦略
(flumpool/CROSS GENE/Perfume/ONE OK ROCK/水田航生/吉高由里子/福山雅治 他)
●IMAとアジアの写真家たち