埼玉県さいたま市で「昭和幻風景ジオラマ展」 -『梅ちゃん先生』OPにも登場

写真拡大

NHKサービスセンターは24日〜5月6日、埼玉県・大宮高島屋にて、「山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展」を開催する。

同展は、昭和の町並と、そこに住まう人々をテーマにした作品を作り続けるジオラマ作家・山本高樹(たかき)氏の作品展。同氏は、最近では連続テレビ小説『梅ちゃん先生』のオープニングタイトルの、昭和30年代の懐かしい町並みのジオラマ制作でも大きく注目を集めた。

同展では、これまでに制作したジオラマ作品を一堂に展示。懐かしくもあたたかみのある、レトロな世界を楽しめる展示会となる。また会期中には、同氏の「トーク&サイン会」も開催される。

開催日時は、4月24日〜5月6日 10時〜18時30分(4月26日〜28日、5月3日〜4日は19時まで)。会場は大宮高島屋 8階 催会場(埼玉県さいたま市大宮区大門町1-32)。入場料は一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料。

「トーク&サイン会」は、4月24日、27日、28日、29日、5月3日、4日、5日、6日。各日、11時30分と15時の2回開催。当日、会場内にて図録または対象書籍を購入した人が対象となる。各回先着100名。その他、詳細は同社イベント情報ページで確認できる。