ホンダ、上海モーターショーで「Acura Concept SUV-X」を世界初公開

写真拡大

本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、アキュラブランドが20日から開催されている『2013年上海モーターショー』(開催期間は29日まで)において、デザインコンセプトモデルの「Acura Concept SUV-X」を世界初公開したと発表した。

同車は、中国市場をメインターゲットに開発した小型SUVのグローバルコンセプトカー。エモーショナルでシャープなスタイリングや走行性能、小型車としての環境性能、そしてSUVの高いユーティリティー性能を融合させており、同モデルをベースとした中国向け量産車を、3年以内を目処に現地で生産・発売する予定という。なお、アキュラが北米以外でコンセプトモデルのワールドプレミアを行ったのは初めてとのこと。

また、 2013年6月に中国で発売する予定のラグジュアリーフラッグシップセダン「RLX」の中国仕様の量産モデルも発表。同車は、新開発の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンや、高い旋回性と安定性を両立した世界初のプレシジョン・オール・ホイール・ステアを搭載するなど、多くの先進技術の採用し、高い操作性能と快適性を追求したという。そのほか、2013年1月の「北米国際自動車ショー」に出展した次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」も出展している。