早乙女太一(21)と6月に入籍することを発表した、モデルの西山茉希(27)。

現在妊娠3ヶ月で、芸能界では仲里依紗・中尾明慶に続く大物デキ婚カップルの誕生となる。

しかし西山・早乙女カップルは以前DV騒動や破局などが報道されており、突然の入籍に首を傾げる人も少なくない。

また果たして幸せな結婚なのか……と疑問も残る。

ここで改めて西山茉希の恋愛遍歴を振り返ってみる。

イメージダウンが止まらない!モデル・西山茉希の恋愛遍歴

入籍を発表した、モデルの西山茉希。

DV騒動や別居期間を経て、俳優・早乙女太一とゴールインしたものの、果たして幸せな結婚と言えるのだろうか?

彼女の恋愛遍歴を振り返ってみよう。

●その1:元カレはお騒がせ系アイドル・赤西仁

2004年にモデルデビューした西山が、芸能界に入って初めてスクープされた相手は、黒木メイサとのデキ婚を押し切った赤西仁だった。

西山はお騒がせ系男子に惹かれるタイプなのだろうか。

2008年10月には赤西が「モデル風美女(=西山)」と交際していることが『フライデー』で報じられた。

その報道の直後に、西山がブログで「はい、私です。“モデル”になりきれずに“モデル風”。“風”って。。。『4年もぉーたつのにぃー誠にすみまメェェーんっっ!!』」と知性のかけらも感じさせないエントリーを書いたことは、赤西ファンにとって忘れられない事件のひとつだろう。

それから幾度となくブログで赤西ファンを挑発していたことで知られている西山。

ふたりは2009年に破局している。

●その2:早乙女太一とは2年前に交際がスタート

赤西と別れてから特定の相手との熱愛報道はなかったが、共通の友人の紹介で早乙女太一と出会い、2011年6月に交際がスタートした。

大衆演劇界のプリンスと人気モデルとの熱愛が発覚したのは、2012年2月のことだった。

その後はハワイからふたりで仲良く手をつないで帰国する様子が、各メディアで話題となった。

彼女の存在が発覚したことで、ファン離れを危惧していた早乙女だったが、交際は順調に進んでいたように思われた。

しかし、わずか3ヶ月後、事態が急展開を迎えることとなる。

●その3:路上DV報道後に破局したはずが……

早乙女が西山にDVを加えていることが明らかになったのだ。

事の発端は2012年5月に『女性自身』で、怒った早乙女が西山をガードレールに叩きつける、激しいDVの現場が報道されたことだった。

それをきっかけに、早乙女の日常的なDV疑惑やふたりの不仲説が取り沙汰されるようになった。

そして今年1月には西山が同居を解消したことを明かし、ふたりは破局したと見られていたが、3月には仲睦まじいデートが度々目撃されていた。

●その4:妊娠3ヶ月、6月入籍を公式発表

そのデートで復縁していたことを裏付けるかのように、今回報道された妊娠・結婚。

しかし当初、16日に「妊娠5ヶ月」と報じられ、結婚はないかも知れないといった予想もされるなど、情報が錯綜していた。

それから翻って17日、妊娠は3ヶ月であることと、6月に入籍することが立て続けに発表されたのだった。

マスコミ向けには連名のFAXで「一つ一つが大きな報道になってしまった為に、マイナスなイメージの強い二人ではありますが、私達の生活はとても安定しています」とも発表した。

●その5:根っからのだめんず好き

2012年に終了した人気番組「グータンヌーボ」(フジテレビ)では2009年に
「彼に(付き合っていた間)名前を呼ばれた記憶がないかも」
「ある日ケンカした時に普段男同士でキレてるぐらいのキレ方を私にまでして。部屋にいなくなったと思ったらハサミ持って帰って来た」
「今日私といてくれてるだけでも『神様に感謝しなきゃ』みたいな。他の女の子に連絡しちゃってて他の女の子がデートしてたら私じゃないし」
などと、典型的なだめんず・うぉ〜か〜っぷりを世間に知らしめた西山。

当時は赤西と交際していた時期とかぶるため、赤西とのエピソードだったのかも知れないと思うと切ない。

極めつけは「だめんず的なのが本当に好きなんだなっていうのがずっと」という発言。

人生の節目となる結婚相手として選んだ早乙女太一が、「だめんず」でないことを願いたいものだ。

Written by 池田園子
Photo by 西山茉希ファースト写真集/日販アイ・ピー・エス