スラージ・シャルマPhoto by Jeff Kravitz/FilmMagic

写真拡大

インドの若手俳優スラージ・シャルマが、米ウォルト・ディズニーが手がける実話をもとにした野球映画「ミリオン・ダラー・アーム(Million Dollar Arm)」に出演することが決定した。

スポーツ・エージェントのJ・B・バーンスタインが企画した、野球が普及していないインドで将来の大リーガーを発掘するリアリティー番組「ミリオン・ダラー・アーム」をめぐる一連の出来事を映画化。デビュー作「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で注目を浴びたシャルマは、2008年に制作された同番組で勝ち残り、米プロ野球の投手になったディネシュ・パテルとリンク・シンのどちらかに扮する。

番組に参加する前は野球を知らなかったパテルとシンだが、才能を見いだされて渡米。マイナーリーグのガルフコースト・パイレーツと契約を結び、09年、初マウンドに立った。その後パテルは母国に戻ったが、シンは現在も大リーグへの挑戦を続けている。

俳優兼脚本家のトーマス・マッカーシーが執筆した脚本は、番組の企画者であるバーンスタインを中心に物語が展開されるという。バーンスタイン役にはテレビシリーズ「マッドメン」のジョン・ハムが決定しており、アラン・アーキンが引退したスカウトマン役を検討している。

米メイヘム・ピクチャーズとロス・フィルムズが共同で製作し、監督にはクレイグ・ギレスピー(「ラースと、その彼女」)が起用された。ジョー・ロスと「オールド・ルーキー」のマーク・チアルディ&ゴードン・グレイがプロデュースを手がけ、パラク・パテルが製作総指揮を務める。撮影は、5月からインドと米アトランタで行われる。

■関連記事
「ライフ・オブ・パイ」主演俳優、スターへのきっかけは「サブウェイのランチ」
「ライフ・オブ・パイ」アン・リー監督、本来は「11部門でなく13部門ノミネート」
ジョン・ハム、「マッドメン」シーズン5で監督デビュー
A・パチーノ&C・ウォーケン&A・アーキン、アクションコメディで共演
ロンドン五輪記念 英誌が選ぶ「スポーツ映画ベスト50」