東京都・六本木で”かつてない”スヌーピー展開催。日本初公開の原画も

写真拡大

朝日新聞社と森アーツセンターは10月12日〜2014年1月5日まで、森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で「スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること Ever and Never:the art of PEANUTS」を開催する。

同展ではアメリカのチャールズ・M・シュルツ美術館が所蔵する、50年間にわたる新聞連載漫画「ピーナッツ」から厳選された約100点の原画を、日本で初めて公開する。初期から後期までの代表的なキャラクターや、有名なエピソード、スヌーピーの七変化、名場面などを見ることができる。

また、「ピーナッツ」の作者シュルツ氏の子供時代から高校時代、軍隊時代、「ピーナッツ」誕生前夜にわたる写真やスケッチ、初期作品「リル・フォークス」の原画など、豊富な資料も展示する。更に会場では創作に取り組んだスタジオを再現。シュルツ氏が「ピーナッツ」を描く貴重な映像も上映する。

「ピーナッツ」の初代のフィギュアなどビンテージのグッズや、企業プロモーションでの活用例、アニメーションなど、時代を超えて世界中で愛されるスヌーピーを紹介。また、第2会場、第3会場では、「かつてない」ラインナップのオリジナルグッズが集結。ブランドやアーティストとのコラボ商品や定番商品までのグッズがそろい、ショッピングも楽しめる。

展覧会チケットに本展限定グッズが付いた「プレミアムグッズ・セット券」は2,000円(当日料金と同価格)。限定グッズは、本展で展示される原画の1コマと同サイズのポストカード4枚と、1950年代のカラー日曜版のポストカード1枚(シークレット)のセット。5月6日まで松屋銀座で開催する「SNOOPY JAPANESQUE」、スヌーピータウンショップ、「おかいものSNOOPY」、朝日新聞「イベントプラス」、森アーツセンターギャラリーで販売する。

また、特別内覧会に参加できるなど、数々の特典がついた「プレミアム・パスポート」は8月中旬頃から販売。詳細は6月中旬に同展公式サイトで案内する。

(C)2013 Peanuts Worldwide LLC