福岡県で、画業60周年松本零士秘蔵コレクション展「松本零士の世界」開催

写真拡大

福岡県出身のSF漫画作家・松本零士氏のデビュー60周年を記念して、秘蔵コレクション展「松本零士の世界」(主催:毎日新聞西部本社事業部)が、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3-1)で開催される。期間は4月26日から5月13日まで。

同展では、物語が生まれた背景、キャラクターたち誕生の秘密のほか、直筆の原画から、初期漫画本、制作資料などを展示する。また、同氏の生い立ちから少年時代、手塚治虫氏、ちばてつや氏など日本を代表する漫画家との交流など、秘蔵プライベート写真も紹介される予定。

展示内容は、「男おいどん」「セクサロイド」などの漫画表紙絵、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」などのセル画や漫画原稿。加えて、漫画の資料となった戦闘機の照準器や化石など、これまで公開されてこなかったコレクション200余点を公開するとのこと。

なお、4月28日には松本零士が来館し、14時よりトークショー&サイン会が行われる。開催時間は10時から20時まで(水曜休館)。入場料は一般1,000円、高校生・大学生800円、小・中学生500円。詳細は、アートスペースを参照のこと。